ブルーバックとグリーンバックの違いは『被写体の色』に関連

勉強

     こんにちは。画像を合成する際、「編集で被写体を切り取りたい」「被写体以外に同色の背景を使いたい」というと時間をかけて、被写体の輪郭を丁寧に色相関図の反対に位置する色でなぞる必要があります。しかし、一つの画像だけならまだ我慢できますが、それでは大量の画像を合成するとき途方もない時間がかかってしまいます。

     そんなとき登場したのが、バックグラウンド(背景)を同色に統一した「グリーンバック」と「ブルーバック」です。バックグラウンドの色が同色で統一されているため、画像編集ソフトを使った切り抜きが簡単で、そのため今日ではビジネス間でも個人間でも利用がさかんにされています。

     しかし、この「グリーンバック」と「ブルーバック」一体なにが違うのか疑問に思われるかたも多いのではないでしょうか。そこで今回は、グリーンバックとブルーバックの違いを疑問に思われている方に向けて、グリーンバックとブルーバックを比較して、その具体的な違いをご紹介していきたいと思います。

    グリーンバック
    緑色をしたグラフィック編集道具。詳細は「グリーンバックとは」をご覧ください。
    ブルーバック
    青色をしたグラフィック編集道具

    まずは、被写体の色に関する違いの解説です!

    違い1.ブルーバックとグリーンバックが使用されるそれぞれの被写体の色

    だいだいいろに近い被写体を撮るときはブルーバック、赤色に近い被写体を撮るときはグリーンバックが利用されることが多いです。これはなぜかというと、青色の補色は橙色で、緑色の補色が赤色だからです。

     補色というのは色の知識で、色相環という丸く並べられた色の中で、その色の反対側に位置する色のことです。補色同士を取り入れると、お互いの色が目立つという面白い効果があり、この効果を利用して合成を行います。

     ちなみに、この合成のことをクロマキー合成といい、軽くご説明しておくと、クロマキー合成は、映像の一部を透明にして透明の部分に新しい映像を入れる合成方法のことです。透明にするときに補色に近い色同士だと、簡単かつ問題なく透明にできるので補色を利用するのですね。

     人間をクロマキー合成する時は、ブルーバックが使われがちですがこれは人間の肌の色が橙色に近いからです。特にアジア人は肌が橙色に近いので、人物の撮影の際はブルーバックが比較的使用されることが多いです。

     ということで『ブルーバック』と『グリーンバック』の違いポイントの1つは、被写体の色で使われる方が変わることです。

     以上で、違い一つ目の解説は終了です。

     続いて、背景の色に関する違いを解説していきます。

    違い2.背景の色が青と緑

     前の項と比較するとクオリティダウンになります。見ればわかる違いとして、『ブルーバック』は名前の通り青色で『グリーンバック』も名前の通り緑色をしています。

     色の名前は違いますが、後ろの「バック」という3文字はそれぞれ一緒なので、どちらかの購入を考えている方は注意しましょう。

     『ブルーバック』は青色、『グリーンバック』は緑色です!

     以上で違い2つ目の紹介は終了です。

     最後に、グリーンバックとブルーバックの歴史の違いを解説していきます。

    違い3.歴史の違い

     グリーンバックよりもブルーバックの方が古くから使われており歴史が長いです。私はこれを初めて知ったとき、グリーンバックの方がブルーバックより長く使われていると思っていたので少し驚きました。ブルーバックってあまり聞かないからなー。

     以上ように『ブルーバック』と『グリーンバック』の違いは、歴史の長さとなります!

     今回は、背景の『ブルーバック』と『グリーンバック』についての違いを解説していきました。

     余談ですが、もしこれらのどちらかの購入をお考えのかたは、補色について軽くご存知になると良いと思います。最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました