コレステロールとは?

生活

    ここではコレステロールについて解説していきます!

    コレステロールとは

    コレステロールは細胞を構成する細胞膜や、身体の働きを微調整するホルモンです。また脂肪の消化や吸収をする胆汁酸を形成するのに必要になる物質です。コレステロールは肝臓で作られ、血管を通る血液によって全身に運ばれます。コレステロールが十分な場合、余分なコレステロールは肝臓に戻ってきます。

    善玉コレステロールと悪玉コレステロール

    コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)の2種類があります。2つの違いは善玉(HDL)コレステロールは血液で運ばれる際、血管の壁などに溜まった不要なコレステロールを持ち帰りますが、悪玉(LDL)コレステロールは不要なコレステロールを持ち帰りません。

    そのため善玉コレステロールが少なすぎたり悪玉コレステロールが多すぎたりすると脂質異常症という病気に診断されます。

    最後に

    コレステロール値が高いと動脈硬化などの病気になりやすいので日頃の生活習慣を良くしてコレステロールをコントロールしましょう!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました