電気をつけたまま寝落ちしない為の対策方法2選【健康】

生活の知恵

こんにちは!Awaisoraの管理人です!

朝起きたら電気が煌々と点いていたなんて経験はありませんか?電気代も非常に無駄で、なにより電気がついてたせいか目の疲労感が強く寝た気がしません。私も、よく電気をつけたまま寝落ちをしているという経験がありました。朝目覚めたばかりなのに疲れていたら最悪ですよね。

そこで今回は、その電気を付けたまま寝落ちしないための対策方法を2つご紹介していきます。今回ご紹介する2つの対策方法を実践しましたら、電気をつけたまま寝落ちをしてしまうということがかなり激減しました。まずは、電気を付けたまま寝落ちしないための対策方法1つ目のご紹介です。

対策1.タイマー付き照明を使う

電気を付けたまま寝落ちしないための対策として注目したいのは、電気が発せられる原因の照明です。照明は、現在いろいろな種類が販売されており、そのうちの1つにタイマー付き照明という照明があります。タイマー付き照明とは、読んで字のごとく、「タイマー機能」が付いている「照明」のことで、タイマーをセットするとその設定した時間に消灯するのが一般的です。

そのため、従来はお酒などを飲んだりして、眠いときにわざわざ起きて照明を消さなければ、自力で照明を消すことはできませんでしたが、タイマー付き証明をご利用になることで、自動で消灯し就寝前と就寝後のストレスや疲労感を軽減してくれます。

タイマー付き証明は、実店舗だけでなくオンラインショップの楽天やAmazon、Yahooショッピングなど各オンラインストアでも売られていて、お手軽にご購入なれます。ちなみに照明関係の品数が豊富なのは、Amazonです。

2.電気を切って活動する

電気を付けたまま寝落ちしてしまうとき、もう1つ注目してほしいのは、寝落ちをする自分自身です。電気を付けたまま寝落ちしてしまうということは、寝る寸前まで電気を付けたままなにかの活動や作業をしているということですよね。活動や作業は、就寝前は副交感神経が優位になるため、どうしても好きなことをやりたくなる気持ちはわかります。

しかし、その作業や活動は、本当に電気を付けたままでないとできない作業なのでしょうか?電気を付けずに作業や活動をするメリットは以下に記します。

寝落ちしても電気は消えている

電気はつけなければ、寝落ちしたとしても問題ありません。できるだけ寝室に入ったら電気を点けないで眠りましょう。

もしそれが厳しく寝る前にスマホなどをいじってしまう場合は、電気を消してからいじるようにします。

暗い中でスマホを見ると目が悪くなるなどの懸念点がありますが、両目左右の視力が1.0の私もやっているので多少なら大丈夫だと思いますよ!

以上、電気を付けたまま寝落ちしないための対策方法2つ目でした。

今回は、電気をつけたまま寝落ちしない為の対策方法を2つご紹介していきました!気になった対策方法はありましたか?1つ目は、照明器具を変えてタイマー付き証明を使うで、2つ目は電気を消したまま行動をするです。

朝起きて電気が付いたままでウンザリするのを繰り返すしていると、精神衛生上よくありません。些細なストレスも積みあがっていくと寿命を縮める要因になりますので、生活に取り入れて、不愉快なストレスを取り払ってみてはいかがでしょうか。最後までご覧頂きありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました