眼輪筋を鍛えすぎるとムキムキになってしまうのか?【力】

表情筋

    こんにちは!Awaisoraの管理人です!

    私は以前、理学療法について勉強していました。理学療法は筋肉などを学習する学問です!さて、今回はそんな私が、眼輪筋を鍛えすぎるとムキムキになってしまうのかを解説していこうと思います!

    ちなみに、表情筋とは、頭部の表情を支配している筋肉のことで、眼輪筋とは、眼の周りは囲んでいる表情筋です。瞬きをするのに使われます。表情筋とは何かについて、詳しくご存知になさりたいかたは「表情筋とは」をご覧ください。

    この記事で眼輪筋の鍛えすぎによる効果をご存知になると、ご自身の美容のコントロールやお知り合いへ美容のコントロールのレクチャーをなされます。まずは、眼輪筋トレーニングの効果一つ目のご紹介です。

    1.瞼周りの皮下脂肪が少なくなる

    筋肉を鍛えると基礎代謝量が上がります。基礎代謝量が上がると、脂肪が付きにくくなるんですね。また、筋肉運動によってカロリーを消費をします。

    なので、ダブルで脂肪を減らします。まさに一石二鳥です。つまり、眼輪筋を鍛えすぎると、瞼の皮下脂肪が減っていきます!

    以上、眼輪筋トレーニングの効果1つ目でした。

    続いて、眼輪筋トレーニングの効果2つ目のご紹介です。

    2.目元がハッキリする

    目元

    1の続きですが、皮下脂肪が減ると目元がハッキリしてきます。

    これは当然ですが、脂肪が減ったのが原因です。

    例えば、フライドチキンを食べていくと骨が見えてきますよね。
    これと一緒です。

    このように眼輪筋を鍛えすぎると、目元がハッキリしてきます!

    ちなみに目元がハッキリすることにより、脂肪が減った影響で一重瞼の人が二重瞼になることもあります。以上、眼輪筋トレーニングの効果2つ目でした。

    今回は、眼輪筋を鍛えすぎるとどうなるのかを解説しました!いかがでしたでしょうか?

    鍛えすぎるのは良くないですが、大抵の努力では鍛えすぎになることはありません。なので鍛えたい方は安心して、ガンガン鍛えることが出来ますよ!最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました