アコギ初心者が挫折してしまった8つの問題!

装飾目的 音楽
装飾目的

こんにちは!Awaisoraの管理人です!

僕はギターを練習しようと思ってから2ヶ月以上たちます。
ギターに触らない時期もありました。

さて今回は、そんなアコギ初心者の僕が挫折してしまった8つの問題をご紹介していこうと思います!

僕のこの挫折体験を読めば、アコギ練習の参考になるんじゃないかなと思います!

この記事がおすすめの人

  • アコギ初心者
  • アコギ講師
  • アコギについて知りたい方

1.指が痛すぎる

ギターを弾いてると弦を押さえてる指が痛くなってきます。

特に薬指と人差し指が痛くて、理由を考えると薬指は単純によく使うのが1つです。
また、日常生活であまり使わない指というのが2つ目、
最後に人差し指はナットに近い部分をよく押さえるので弦の反発が強いからだと思いました。

それでもギターを弾きたくて続けてしまうと少し触れるだけで痛くなってしまう。

最初経験したときは指の肉がちぎれたのかと思いすごい恐かったです。
インターネットで調べてみてもみんな軽そうに指が痛いって書いてるから自分だけがこんなに痛いのかと思い気持ちが下がりました。

肉がちぎれたような痛みを何回か経験しても指の皮は厚くならないし、2日は痛くてギターを弾けなくなります。

2.ギターコードを覚えられない

頭の中だけで覚えるのはつまらないから弾きながら覚えたいけどうまく押さえることが中々できず一つのコードを覚えるのに時間が掛かってしまう。

なので全然コードを覚えることができない。
覚えても時間が空くとコードの位置をほぼ忘れてしまう。

3.曲が弾けない

弾きたい曲のほとんどにバレーコードが入っているし、そもそもそこまでコードを弾けない。

それとコードチェンジが素早く出来なくて全然かっこよくないです。
曲が弾けないと楽しくないのでだんだんと違うものに手を出してしまいます。

4.環境

アコギの音はかなり大きいので家族に嫌がられます。

そうなると思いっきり弾けないので練習がしずらいです。

環境もアコギを気持ちよく弾く上で大きな要因ですね。

5.ピックをサウンドホールに落としてしまう

ストロークしながら弾いてるとたまにあるんですがストロークの反動でピックがサウンドホールに入ってしまいます。

そしてなかなか一度入るとサウンドホール内の木の仕切りに邪魔されて出てきません。

(サウンドホールとはギターに空いてる穴のことです。
エレキギターにはないのでエレキギター初心者にはない悩みです。)

6.弦の張り替え

アコギ初心者の僕にとって弦の張り替えはとても面倒くさかったです。

まず弦に関する知識がないので、弦選びから弦貼りまで人に頼るしかないです。

僕の場合ギターをやってる知り合いがいなかったので、Youtubeに投稿されている動画を参考にして弦を買い、弦を張り替えました。

それも僕は面倒くさがり屋なので2週間ぐらいかけて張り替えました。

7.ギターを触る時間がない

仕事で家に帰ってくるのが遅いです。そのため近所迷惑になるので思いきり弾けません。

また、休日に外出の予定を入れるともちろん弾けなくなるので、どんどんギターを触る時間がなくなっていって気持ちがギターから離れていきます。

心理学でも、単純接触効果という心理的効果がありますね。

とにかくギターを練習する時間があまり取れませんでした。

8.ギターを弾く場所がない

ギターは弾く場所がないと弾けないですよね。

僕の場合、部屋の模様替えをしようとして部屋に物をたくさん詰め込みすぎたのでギターを弾く十分なスペースがなくなっていました。

弾く場所が無かった間は、アコギに全然触らなくなりましたね。

最後に

今回は、アコギ初心者が挫折してしまった問題をご紹介しました。
アコギ初心者のかたは、共通点などはありましたか?

またもし、いまアコギが弾けなくて悩んでいる方は安心してください。

僕は挫折こそしましたが、コツコツ練習していたら弾けるようになったからです!
なので僕のようにあまり才能がない人でも、練習をしていれば弾けるようになりますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました