保存料とは?からだへ与える危険性を解説!

生活の知恵

    今回は保存料について保存料がからだへ与える危険性を解説していきます!

    保存料とは?

    保存料は食品中にいる細菌の増殖を抑制して、変質や腐敗を防ぐ食品添加物の一種です。殺菌作用はないので、菌が増殖した後で使用しても効果は見込めません。またよく使用されるのは主にサラミやウィンナーなどの食肉製品、菓子類および漬物など様々な加工食品に使われます!

    保存料のからだへの危険性

    保存料には発がん性物質が含まれますが研究によると保存料を大量に摂取しなければ問題はありません。少なくとも市販で売られている保存料が含まれた商品をたくさん食べたくらいでは危険性はないようです!

    最後に

    ご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました