【お得?】フリート契約のデメリットとメリット【まとめ】

自動車保険

    こんにちは、Awaisoraの管理人です。

    「お得に自動車保険に加入したい」、「フリート契約のデメリットとメリットを知りたい」、「少ない経費で自動車保険に入りたい」など以上のようなお悩みは、おそらく自動車保険やフリート契約に加入しようと考えている多くの方が感じていることだと思います。

    しかし、そう考えていても「フリート契約について調べる気力がない」、「時間がもったいなく感じる」などと調べない方が多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、そんな方々向けに、フリート契約のデメリットとメリットをまとめて体系的に紹介をしていきたいと思います。

    まずは、フリート契約の「デメリット」をご紹介して参ります。

    フリート契約のデメリット

     デメリット1.台数と保険料が大きいため対面契約にこだわる業者がいる
     デメリット2.事故時に代理店担当が現場に行く事ができない
     デメリット3.1回の事故で翌年の保険料が大幅に上昇する可能性
     デメリット4.通販型自動車保険で加入できない
     デメリット5.年齢別の割引やファミリーバイク特約などが存在しない

    フリート契約のデメリットの1つとして、台数と保険料が大きいため対面契約にこだわる業者がいる場合があります。例えば、フリート契約を交わす際、電話対応やメール対応を希望したいとき、このような規則や制約があると一部の忙しい方や対面で話すのが苦手な人は、デメリットとなります。

    また、フリート契約のデメリット3つ目に、1回の事故で翌年の保険料が大幅に上昇する可能性があります。例えば、お得だからとフリート契約を結んだのに1回の事故で保険料があがり、含み損になったら悲しいですよね。ちなみに、一回の事故で保険料が高く上がるケースは、その事故の保険料の負担が高くついたときです。

    そして、フリート契約のデメリット5つ目は、年齢別の割引やファミリーバイク特約などが存在しないです。もう1つの自動車保険「ノンフリート契約」では、年齢別の割引やファミリーバイク特約などがあることがありますが、フリート契約ではそのような割引がありません。なので、割引を匠に使って回りよりお得に、自動車保険に加入していたいと考えている方には、デメリットです。

    次に、フリート契約の「メリット」をご紹介して参ります。

    フリート契約のメリット

    メリット1.保有する車種などにより保険料がお特になるケースが多い
    メリット2.全国対応が可能
    メリット3.営業マンを呼びつける必要がない
    メリット4.見積もり提出や契約までのスピードがノンフリート契約より速い
    メリット5.気に入らなければ断りやすいかも
    メリット6.現在の保険契約が適正かどうかを見てもらう事ができる
    メリット7.割引率がノンフリート契約よりも高い

    フリート契約のメリット1つ目は、保有する車種などにより保険料がお特になるケースが多いです。保有する車種で保険料がお得になるのなら、それが新たに経費や費用を削減できるポイントです。これは、メリットです。

    フリート契約のメリット4つ目は、見積もり提出や契約などの手続きのスピードがノンフリート契約より速いです。例えば、自動車保険契約期間中に、途中で新たに保険の加入を検討している自動車を取得(増車)した際、契約の際に定めた用途車種毎の契約条件で、自動的に補償がスタートしますので、余計な手続きの手間がありません。なお、自動車の増車、減車の連絡は毎月1回で大丈夫で、車両担当者の手続きも簡単だと思います。このメリットがフリート契約最大級のメリットと言ってもいいでしょう。

    そして、フリート契約のメリットの7つ目として、割引率がノンフリート契約よりも高いことが挙げられます。具体的に解説すると、ノンフリート契約の最大割引率は63%ですが、フリート契約では保険会社によって細かい違いはあっても、70から80%の割引率が適用されます。割引率が高いのは、誰であってもメリットですよね。

    お疲れ様です。今回は、フリート契約のデメリットとメリットをご紹介して参りました。フリート契約は、一般的に安くない自動車保健だと思うので、契約を交わすときは、「前述したデメリットとメリットをよく確認しておくと、失敗せずに満足のできる自動車保険の加入ができる」と思います。最後までご覧いただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました