表情筋とは?頭部の表情を支配している筋肉のこと

表情筋

    こんにちは、Awaisoraの管理人です!

    この記事では、「表情筋とは何か」や「表情筋を使うメリット・デメリット」、「表情筋の機能別の種類とその一覧」、「表情筋の機能別の種類の覚え方」をご解説していきたいと思います。この記事をご覧になれば、表情筋についてご理解されて、ご自身の美容や健康、その他の人への美容と健康にもお役立ちなされます。まずは、表情筋とは何かのご紹介です。

    表情筋とは頭部の表情を支配している筋肉のこと

    頭部

    表情筋とは頭部の表情を支配している筋肉のことです。普通筋肉は一方が骨や筋肉でもう一方も骨や筋肉と結合していますが、表情筋の場合は一方は骨や筋肉でもう一方は皮膚と結合しています。この筋肉を皮筋ともいいます!

    続いて、表情筋を使うメリットとデメリットの解説です。

    表情筋を使うメリットとデメリット

    メリット・デメリット

    まずは、表情筋を使うメリットのご紹介です。

    表情筋を使う2つのメリット

    1. 自分の気持ちを相手へ視覚的に伝える
    2. 表情を目で受け取った相手の感情を変化させる

    通常は、表情筋を使っていないため、頭部の表情も特に変化はありません。しかし、表情筋を使うことで頭部の表情をご変化なされます。表情を作ると自分の気持ちを相手へ視覚的に伝えることができます。これが表情を作るメリット1です。また、それに伴って表情を目で受け取った相手の感情を変化させることができることも科学的にわかっています。これが表情を作るメリット2です。

    続いて、表情筋を使うデメリットのご紹介です。

    表情筋を使う1つのデメリット

    1. 使い方が偏ると皮膚にシワができる可能性がある

    通常、表情筋を使っていないと皮膚に変化がありません。しかし、表情筋を使うと一時的に皮膚にシワができます。このとき、使い方を偏って長期的に表情筋を使うと皮膚にくせがついて皮膚にシワがつく可能性があります。これが表情筋を使うデメリット1です。

    以上で表情筋を使うメリットとデメリットのご紹介は終了です。続いて、表情筋の機能別の種類と一覧をご紹介していきます。

    表情筋の機能別の18つの種類と一覧

    表情筋の機能別の種類 概要
    オトガイ筋 オトガイ部に梅干の種のようなしわを作る。
    下唇下制筋 下唇を外側下方にひく筋肉
    眼輪筋 上下の眼瞼を閉眼する
    頬筋 口角を外側にひき、頬を歯列に押し付ける筋肉
    口角下制筋 上唇と口角を下方にひく筋肉
    口角挙筋 口唇周囲にかけての口筋のなかで口角を上方にあげる筋肉
    咬筋 下顎骨が上に上がり、咬むことができる
    口輪筋 口を閉じ、口の周囲を前方に尖らせる筋肉
    小頬骨筋 上唇を後上方に引き上げる働きをする筋肉
    10 笑筋 笑窪を作る筋肉
    11 雛眉筋 眉間に皺を作る
    12 上唇挙筋 上唇と鼻翼を引き上げる働きをする筋肉
    13 上唇鼻翼挙筋 上唇と鼻翼を引き上げる働きをする筋肉
    14 前頭筋 眉弓を引き上げ前頭部に皺を作る
    15 側頭筋 下顎骨を後方に移動させることができる
    16 大頬骨筋 口角を上外側に引き上げる働きをする筋肉
    17 鼻筋 鼻を狭めたり、拡げたりする筋肉
    18 鼻中隔下制筋 鼻中隔を下方にひく筋肉
    19 鼻根筋 眉間の皮膚を引き下げ、眉間に縦皺を作る

    続いて、表情筋の機能別の種類の覚え方のご紹介です。

    表情筋の機能別の種類の覚え方

    詳細は「表情筋の機能別の種類の覚え方」をご覧ください。以上で、表情筋の機能別の種類の覚え方は終了です。

    今回は、「表情筋とは何か」や「表情筋を使うメリット・デメリット」、「表情筋の機能別の種類とその一覧」、「表情筋の機能別の種類の覚え方」をご解説していきました。いかがでしたでしょうか?

    最初は覚えづらいですが、何回か思い出すと表情筋について詳しく覚えることができると思います!最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました