板タブと液タブの違いを解説!【色々】

イラスト

    こんにちは!漫画家志望のAwaisoraの管理人です!

    僕は漫画を板タブで描いています。以前は液タブを使っていました。

    さて今回は、そんな僕が、ポインティングデバイス初心者向けに板タブと液タブの違いを解説していこうと思います!

    僕は両方共使ったことがあるのでわかりますが、かなり違いがあります!

    この記事を読むのがおすすめの人

    • 板タブ初心者
    • 液タブ初心者
    • 違いを知りたい

    板タブとは

    板タブは専用の板ペンでポインティング操作をするポインティングデバイスの一種です。

    液タブとは

    液タブは液晶専用のペンでポインティング操作をするポインティングデバイスの一種です。

    描き方

    板タブの場合、モニターを見ながら専用のペンで板タブに入力をしていきます。液タブの場合、絵を描くときには直接液晶にペンを使い描きます。

    価格

    板タブの場合、液タブと比較すると価格が安くなっています。理由は液晶の有無で、液晶のある液タブは価格が高くなりがちです。板タブと液タブでは5分の1位の値段の差があることもよくあります!

    見た目

    板タブは板とペン、液タブは液晶とペンです。製品よってショートカットなどに使えるボタンが付いています。特に液タブはタブレットのような形をしています。

    まとめ

    今回は、板タブと液タブの違いを解説しました!いかがでしたでしょうか?

    板タブ液タブ
    描く場所板タブ液晶
    価格安い高い
    重さ軽い重い

    主な違いをまとめると、以上となります。購入する際はぜひ参考にしてみて下さい!

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました