車をぶつけられたらやっておきたいこと

    こんにちは Awaisora管理人です。

    交通事故は突然おこります。

    あなたは事故がおきた時、その後の対処を考えたことはありますか?

    もし考えていても、実際事故がおきるとパニックになってしまい、まともな判断が出来なくなってしまうことがあります。

    Awaisoraでは、「交通事故を経験した人のうち、直後にパニックになったことがあるか」をアンケート調査しました。その調査では、10人中8人が「直後にパニックになったことがある」と回答しています。

    なので、考えているあなたも、考えていないあなたも、一度ここで予習していってはいかがでしょうか?

    相手が車を降りてきた場合

    もし相手が車を降りてきたら、以下の3つを思い出してください。

    連絡

    連絡には、事態を収拾したり、気持ちの興奮を抑えるといった働きがあります。事故直後に連絡を入れたほうが良い主な連絡先は、以下の3つです。

    1.警察

    警察に電話してください。

    2.保険会社

    保険会社に電話しましょう。

    3.家族

    不安であれば家族に連絡しましょう。

    助言が貰えるかもしれません。

    情報記録

    連絡先を交換する

    一応、お互いの連絡先を交換して下さい。

    写真

    もし自分に非がいっさいないと自信があるなら、出来るだけ写真を撮って証拠を記録しましょう。

    非があったとしても撮っておくと、後で役に立つかも知れません。

    自分と相手の接触場所をカメラがあれば(スマホでもOK)撮っておきましょう。

    保険等で揉めた場合証拠になります。

    逃げられた場合

    ぶつけられたのに逃げられた、若しくは気付いてなさそうな時は、以下の2つをして下さい。

    情報記録

    ナンバーを控える

    車のナンバーをメモしておきましょう。

    連絡

    警察に通報する

    警察に通報しましょう。

    さいごに

    人の記憶はあいまいです。

    メモや写真を使って、情報をしっかりと保存します。

    自分が気を付けていてもぶつけられてしまうことはあるので、理想は前後にドライブカメラを付け、万全を喫しておきましょう。

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました