株価は誰が決めているのか?【わかる】

投資

    こんにちは!Awaisoraの管理人です!

    私は金融商品が大好きです。
    そのため金融商品に関する情報はかなり持っています。

    さて今回は、そんな私が株の初心者向けに株価は誰が決めているのかを解説していこうと思います!

    株とは、株式会社が資金調達のために発行する有価証券のことです。

    株価が誰によって操作されているのかを知れば、株式投資をする上で大きなアドバンテージになりますよ!

    この記事を読むのがおすすめの人

    • 株価が誰に操作されているのか知りたい
    • 株初心者
    • 投資を始めたい

    【結論】株価は、投資家の需要と供給で決まる

    株価は、投資家の需要と供給によって決まります。
    株式会社は資金調達のために株券を発行しますよね。

    そのとき人気のない企業は、株価を安く設定しておかないと株を買って貰えません。
    つまり資金調達ができないということです。

    逆に人気のある企業の場合は、株価を高く設定しても投資家は買ってくれるので資金調達ができます。

    このことから株価変動の説明の際には、その株を買いたいという方が増えると株価は上がり、売りたいという方が増えると株価は下がると説明されます。

    ですが直接株価を決めているのは企業で、投資家の需要と供給が株価を決めているというのは間接的な要因です。

    最後に

    今回は、株価は誰が決めているのかを解説しました!
    株価の仕組みはご理解いただけたでしょうか?

    株の勉強は、株初心者が損をしないために大事なことなので、しておくのが良いと思います!

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました