貨幣証券とは?貨幣に対する請求権を有する有価証券

貨幣証券 投資
    貨幣証券

     こんにちは。この記事では、「貨幣証券とはなにか」と「貨幣証券の種類」について解説していきます。

     貨幣証券とはなにかをお知りになっておくと、投資の取引がより円滑で見通しがよくなると思います。

     それでは、貨幣証券とはなにかの解説です。

    貨幣証券とは貨幣に対する請求権を有する有価証券

    貨幣証券

     大金を使ったことがないという方であれば、貨幣証券という言葉には、危機馴染みがないと思われます。企業同士の取引の視点で見るとそのメリットがわかります。企業同士の取引では、企業の担当者が面会してお互いの利益を生むためにサービスの交渉が行われます。

     そのようなとき、交渉が成立すると、一回の取引で何百万円、場合によっては1千万円以上の貨幣が動くことがあります。この際、わざわざ多くの貨幣をカバンに用意して取引をするとしたら物騒ですしなにより効率が悪いです。

     そこで、今日頻繫に利用されているのが貨幣証券です。貨幣証券とは、貨幣に対する請求権を有している有価証券のことです。有価証券については「有価証券とは」をご覧ください。貨幣証券は、例えば、A社がB社に対して100万円を支払う取引があったとき、その場で貨幣の取引をするのではなく、貨幣証券一枚以上をB社に渡すことで取引が成立します。

    そして、B社はその渡された貨幣証券を指定の銀行などに渡すことで貨幣を銀行口座に支払われます。このことを貨幣に対する請求権といいます。つまり、貨幣に対する請求権を有する貨幣証券を使うことで、取引の効率化ができるということです。

     以上で貨幣証券とはなにかの解説は終了です。

     続いて、貨幣証券の種類を紹介していきます。

    貨幣証券の3つの種類

    種類

     貨幣証券には、約束手形や為替手形、小切手などの種類があります。

    約束手形
    貨幣証券のうち、期日までに支払うことを約束する有価証券
    為替手形
    貨幣証券のうち、3社間の取引を簡単にできる。例えば、A社がB社に対して債券がある場合、A社がC社との取引の支払い価格をB社に支払わせることができる
    小切手
    貨幣証券のうち、支払い日付を未来に設定できる

     以上で貨幣証券の種類の紹介は終了です。

     今回は、「貨幣証券とはなにか」と「貨幣証券の種類」について解説していきました。貨幣証券とはどんな意味だったでしょうか?

     おさらいをすると、貨幣証券とは、貨幣に対する請求権を有する証券です。最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました