現在における日本の会社形態は4種類!それぞれ解説

会社
    会社形態

    この記事では、会社形態の種類が曖昧になっている人向けに、現在における日本の4つの会社形態をそれぞれご解説していきます。この記事をご覧になると、会社を設立するときに適切でお得な会社形態をご選択になれると思います。ちなみに、会社形態とは、会社形態とは会社法で定められた会社の形のことです。詳細は「会社形態とは」をご覧ください。

    現在の日本の会社形態は4種類

    種類
    株式会社
    株式会社は現在最も設立数の多い会社形態です。経営者と出資者(株主)の有限責任の会社となっています。設立費用は242,000円で電子で手続きを行えば、このうち40,000円は免除されます。
    合同会社(LLC)
    合同会社(LLC)は株式会社に次いで設立数の多い会社形態です。出資者が経営者の有限責任の会社となっています。2006年に導入された比較的新しい会社形態です。
    合名会社
    合名会社は無限責任を負う社員だけで構成された会社です。
    合資会社
    合資会社は無限責任社員と有限責任社員からなる会社です。無限責任社員が経営者となり、有限責任社員が資本の提供者となります。

    また他に昔は有限会社という形態が認められていましたが、2006年の5月1日会社法施行に伴い根拠法の有限会社法は廃止されました。そのためそれ以降は有限会社は設立出来なくなっています。

    今回は、現在における日本の4つの会社形態をそれぞれご解説していきました。現在における日本の会社形態は、1.株式会社 2.合同会社 3.合名会社 4.合資会社の4つです。

    現在設立されている最も多い会社形態は株式会社と合同会社となっています。合名会社と合資会社は高い資本金の準備やリスクの高さから現在はあまり設立されていないようです。最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました