歌や演説などで声を安定させる2つの科学的な方法

声 安定
    声 安定

     この記事では、「声を安定させる方法」を科学的に解説していきます。

     声を安定させることができると、歌を安定させたり、演説が伝わりやすくなったり、人が安心して聞ける声になれます。

     それでは、声を安定させる方法の解説です。

    声を安定させる2つの方法

    声 安定
    1. 一語一語の発音をハッキリと強めに出す
    2. 喉のちからを抜く

     上の2つの項目は、それぞれ声を安定させる方法です。

     下記では、この方法を具体的に解説していきます。

    1.一語一語の発音をハッキリと強めに出す

     あなたはこんな風に喋っていませんか?

     例えば「こんにちは」と、最初だけ大きく発音するけれど徐々に発音が小さくなっていく。

     これだと声が不安定に聞こえてしまいます。

     なのでこんな風なイメージで発音しましょう。

     「こ・ん・に・ち・は」

     ちょっと違和感を感じるかもしれませんが、あなた以外の誰かが聞くと意外と自然に聞こえます。

     もし録音ができるなら試してみましょう。

    2.喉のちからを抜く

    1. まず、普段の声で「あーいーうーえーおー」と録音してみて下さい
    2. そしたら喉のちからを抜いて「あーいーうーえーおー」と録音しましょう。
    3. 比較して下さい。

     どうですか、違いませんか?

     以上で声を安定させる2つの方法の解説は終了です。

     今回は、「声を安定させる2つの方法」を解説していきました。声を安定させる方法はどんな方法だったでしょうか?

     おさらいをすると、声を安定させる方法の1つ目は、一語一語の発音をハッキリと強めに出すで、2つ目は喉のちからを抜くです。最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました