【吉報】高血圧の治験モニターを「限定」募集中!

生活

    何気ない日常、朝昼晩とご飯を食べて、仕事をしたり、友人と遊んだり、そうかつては楽しかった毎日も、今では、糖尿病・高血圧・脂質異常症・高尿酸血症といった「生活習慣病によって生活を制限されている」。

    なんて、お悩みございませんか?特に、年を重ねて40〜60代となった社会人や主婦の方にとっては、大変重要なお悩みですよね。

    そこで、今回は、そんなお悩みを抱えている方々向けに、高血圧のお方限定の治験モニターの募集をご紹介してまいります。この、ご紹介する高血圧治験モニターをご利用になれば、お得に身体の検査して頂けますよ!

    と、その前に生活習慣病の1つ「糖尿病」を発病してしまった際にかかる、治療費について解説をしていきます。

    糖尿病の治療費は最悪月5万円になることも

    糖尿病は、世界における有病率は9%であり3億4,700万人、世界のDALYの19位を占め(1.3%)、2012年には、「150万人が糖尿病により死亡しました」。このような中、気になるのは、糖尿病を発病した際にかかる治療費です。いざ、糖尿病になってしまった時、治療費がなくて適切な医療を受けることができないのは、悲しいですよね。

    糖尿病の治療費は、食事や運動療法のみですとひと月2千〜5千円ほどです。症状が悪化してインスリン治療を始めると「月1万〜1万5千円」もかかってしまいます。

    さらに、糖尿病にかかりやすくなる高カロリー食や運動不足といった生活習慣は、合わせて、高血圧や脂質異常症などの病気を引き起こしてしまう可能性があり、仮にそうなった場合それぞれ治療費がかかってしまいます。もし、この病気がすべて同時に起こってしまった場合、「月額の治療費は約5万円」、年間で約60万円もかかることになります。

    そこで、高血圧治験モニターの募集のご案内です。高血圧治験モニターなら、「これらの費用を軽減し、さらに最新の医療を受けることができます」。具体的には、以下となります。

    高血圧の治験モニターの募集

    高血圧治験モニターとは、高血圧の方を募集している治験モニターで、高血圧治験・モニター参加時には負担軽減費という名目で「協力費の獲得」と「最新医療を受けられる」のです。ちなみに、金額はモニター毎に異なりますので登録後にご確認ください。

    でも、「治験モニターを強制的に行われないのか心配。」という方もいらっしゃることでしょう。そこで、次の項では、「治験にモニターの強制」についてご紹介していきます。

    治験モニターは強制的?

    モニターについてご想像になると、どこか「強制的に人体実験されるイメージ」を思い浮かべ、不安なお気持ちにならないでしょうか?

    過去の人体実験の例を見ると、「1958年の神戸医科大学に、多数の乳児が連れて行かれ、鼻から胃に針を挿入することで砂糖を強制投与された。」や「ナチスはロシア人の遺伝子が風邪に対する優れた抵抗をもつものなのか調べる為に実験をおこなった。」などがあり、ますます不安なお気持ちになるかもわかりませんね。

    ですが、ご安心ください。現在の日本では、国が主導でとても厳しい基準を設けており、各治験機関などは、それに基づいて治験・モニターを行っています。そして、参加される方の人権と安全を何よりも大切に行っていますので、「強制的に参加しなければならない等は一切ありません」。

    しかし、今度は「プライバシーは大丈夫なのか」と疑問になられる方がいるかも知れません。そこで、次の項では、治験のプライバシー面について解説してまいります。

    プライバシーは大丈夫なのか?

    治験参加者のプライバシーと人権は法律によって厳重に守られ、個人の情報が外部に漏れることは一切ありません。治験で得られた様々なデータは、治験依頼者(製薬 会社)の担当がカルテ等を閲覧したり、厚生労働省に提出されますが、「個人を特定できる情報や個人の参加記録が漏洩することがないように、厳重に管理することが義務づけられています」。

    個人情報の徹底的な管理を務める事が重要だと認識しており、その管理体制が認められプライバシーマークを取得しています。

    ここで、「高血圧の治験モニターに参加している人はいるの」かお気になる方がいると思います。そこで、次の項では、高血圧の治験モニターに参加した人の口コミと評判をご紹介していきます。

    高血圧の治験モニターの口コミ

    新しい糖尿病に関する検査技術の治験に参加しました。投薬を受ける治験ではないため、病気に関する一切の不安もなく、新技術への貢献ができると考え参加しました。病院での入院でしたが、医師も看護師さんも親切で持病に関するアドバイスまでいただきました。治験では、投薬などでプラセボの対象になった場合、持病が、悪化する可能性も考えられますが、技術的見地からの治験では、このような心配もありませんので安心して参加できますし、新技術確立に貢献できると考えると参加の意義も大きく、ある意味、社会貢献の一翼を担えると思います。

    63歳 男性

    貢献できる..確かに!このモニターを利用する数少ない影の英雄さまのおかげで未来の医療を変えられるかも!

    通院治験の経験は数回ありましたが、入院治験には参加した事が無く、初めての入院治験に参加する前は、周りは知らない人ばかりだし、空いた時間はどうやって過ごせば良いのだろう?…等と、不安な事ばかりでしたが、実際に参加してみると、個人のプライバシーは保てるし、検査・食事・入浴・就寝…と、リズミカルに毎日が過ぎて行き、あっという間でした。 お薬の研究や他の人のお役に多少でも立つのも、何か良い事をした気持ちですし、普段の診断より詳しく自分の身体の事が分かり、助かりました。

    53歳 女性

    治験はメリットがいっぱい!

    このお二人だけでなく、高血圧治験モニターの評判と口コミは良いですよ!最後に次の項では、高血圧治験モニター募集にご参加になれる対象者のご紹介をしてまいります。

    高血圧・地理の限定対象者

    治験は、「誰でも参加できる(募集している)わけではありません」。その治験が求めている対象者でないと、治験を行う意味がないからです。

    そんな中、高血圧治験モニターは、治験に参加できる病院の兼ね合いで、47都道府県内でも人口の多い、関東の1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)関西(大阪府、京都府、兵庫県)福岡、お住まいの方「限定」となります。

    ですので、高血圧、そして地理的な条件の上、「治験をしてみたい!」という募集要件を満たしている方は、ぜひこの機会にご参加になられると良いかも知れません!何と言っても、治験・モニター参加時には負担軽減費という「協力費が貰える」のでお得に治験をお受けになれます!

    詳細はこちらから:下記バナーから公式サイトに移動してお申し込みになれます。↓↓↓

    今回は、糖尿病を発病した際にかかる治療費、そして高血圧の治験モニター募集のご紹介をして参りました。前述した通り、糖尿病を発病した際の治療費は、貯蓄の少ない方にとってはバカにならない金額です。

    もし発病してしまったのなら、治験などを利用してお得に検査をしたいですね!最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました