『クレジットカード』と『デビットカード』の違い

デビットカード

クレジットカードとデビットカードの違いは発行している企業によって異なります。そこで今回は大まかなクレジットカードとデビットカードの性能や見た目の違いを解説します!

クレジットカード

クレジットカードは後払いの決済方法です。

支払い方法

支払い方法は1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いなど多様な支払い方法があります。

年齢制限

ほとんどが18歳以上で、未成年の場合は親権者等の同意が必要です。

見た目

見た目はカード型でICチップが付いています。

デビットカード

デビットカードは使用と同時に紐付けられた銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みの決済用カードです。

支払い方法

支払い方法は都度払いです。

年齢制限

デビットカードでは審査不要のケースが圧倒的に多いです。ただし年齢制限を設けている発行元が多く、特に15歳以上と定められているケースが多いです。

見た目

デビットカードはクレジットカードの見た目に加えカードの表面に『デビット』『debit』などと書かれています。

まとめ

クレジットカード デビットカード
支払い方法1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いなど 都度払い
年齢制限ほとんど18歳以上 ほとんど15歳以上

クレジットカードとデビットカードの違いをまとめると以上になります。どっちがいいか迷っているかたは紹介した内容を比較して自分に合ったほうを選びましょう!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました