ポリッシャーの使い方を丁寧に解説 車磨きで失敗しない!!

装飾目的

    こんにちは、Awaisora管理人です。

    僕はある工場でポリッシュをしていた、元プロのポリッシュマンです。ポリッシャーというのは、車体をピカピカにポリッシュ(磨く)するときに使われるかなり便利な道具です。

    さて今回は、そんな僕がポリッシュ初心者向けに、ポリッシャーの使い方を解説していきたいと思います。「愛車が傷まみれだけど自分で直してみたい…」や「車界隈でよく聞くポリッシュを自分でもやってみたい」といった方々の参考になれれば幸いです。

    準備する道具は5つのみ

    1. ウールバフ
    2. スポンジバフ(目の細かいもの)
    3. ポリッシャー
    4. コンパウンド(研磨剤が細かいもの)
    5. 車用のタオル

    バフというのは、「付属する」や「付帯する」のような意味です。ドラゴンクエストなどをやったことのある方なら、聞き覚えのある言葉ではないでしょうか。以下では、この5つの道具の説明をしていきます。

    1.ウールバフ

    ウールバフは、名前にウールが入っている通り、「毛」のバフという意味です。ウールバフの中にも色々な種類があって、「長い毛」が円盤状にくっついているタイプもあれば、「短い毛」が円盤状にくっついているタイプもあります。

    この、ウールバフは、これから下でご紹介するバフの中でも、特に車体表面を磨く摩擦力が強いので、バフを使う最初の過程で重宝します。ただ、それだけ摩擦力の強いウールバフですので、下手にやれば「焼け」や「傷」といったリスクもあるので、ポリッシュ初心者の方は慎重に取り扱うようにしましょう。

    2.スポンジバフ(目の細かいもの)

    スポンジバフは摩擦が弱く、素材が柔らかいため仕上げに向いています。

    ウールバフの磨きでついた細かな傷をコンパウンドをつけて磨くと、肉眼レベルではピカピカに見えるくらい傷を小さくしてくれます。

    そしてスポンジバフは目の細かいものを買いましょう。

    3.ポリッシャー

    ポリッシャーはバフを取り付けて機能します。

    値段は、2000円から20000円ぐらいと値段の幅は広いです。

    4.コンパウンド(研磨剤が細かいもの)

    今回準備する道具の中で一番大事なのはコンパウンドです。

    コンパウンドはポリッシュにおいて、車でいうととガソリンのような役目を持っています。

    5.車用のタオル

    車用の柔らかい素材でできているタオルです。

    普通のタオルで修正箇所を拭くと、細かい傷が新しくできるので用意しましょう。

    4つの手順でピカピカボディ

    ポリッシャーは基本、作業の最初から最後まで使います。

    回っている途中バフの取り付け部分に体があたると痛いので、注意してください。

    1.ウールバフを取り付ける

    まずは、ポリッシャーとウールバフを用意します。

    用意ができたら、ポリッシャーにウールバフを取り付けてください。

    なるべくポリッシャーの中心に着けよう

    バフを取り付ける際に共通して言えることですが、なるべくポリッシャーの中心に取り付けるようにしましょう。

    中心に取り付けないと、重心がずれて制御が難しくなり、体力を消耗します。

    2.車体を磨く

    ウールバフや磨きたい箇所にコンパウンドを付け、磨きます。

    コンパウンドは慣れるまでは、米3粒くらいを目安に付けましょう。慣れたら自分の感覚で柔軟にやります。

    3.スポンジバフを取り付ける

    そしたら、ウールバフをポリッシャーから取り外し、用意してあるスポンジバフをウールバフを取り付けたときと同様に、ポリッシャーの中心を意識して取り付けます。軽くポリッシャーを稼働させ、スポンジバフが外れたりせずしっかり回るようなら、再度ポリッシャーの準備は完了です。

    4.仕上げ

    コンパウンドを付け、スポンジバフで仕上げます。

    最後に車用のタオルで拭いたらポリッシュ終了です。

    まとめ

    今回は、ポリッシャーの使い方を解説していきました。

    手順をまとめると以下になります。

    1. ウールバフを取り付ける
    2. 車体を磨く
    3. スポンジバフを取り付ける
    4. 仕上げ

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました