【漫画の描き方手順】すぐに始められます!

漫画

こんにちは!漫画家志望のAwaisora管理人です。

僕は漫画を描いていて、漫画の練習をしています。そして漫画に関する知識が少し多いです。

さて今回はそんな僕が、漫画初心者向けに漫画の描き方手順を解説していこうと思います。

この手順はプロの漫画家が行っているので、間違いないですね。

この記事を読むのがおすすめの人

  • 漫画を描きたいけどやり方がわからない
  • 手順を知りたい
  • 漫画初心者

手順1.ネームを描く

ネームとは、コマ割りや台詞、キャラクターデザインをラフで描くことをいいます。それぞれの説明をしていきますね。

なぜネームを描くのか?

ネームを描くことで頭の中のイメージを更に整理することができます。

なのでネームを描いているとアイデアが思っていたより良くなったり、逆にそこまで良くなかったという発見ができます。

手順2.下書きをする

下書きはネームよりも丁寧に描きます。

なぜかというと、この後に行う清書は通常この下書きをなぞって描いていくからです。

画材は、目立ちやすい青色のペンで下書きをすることが多いですね。

絵に自信の無い方は、下書きを細かく描くと良いです。僕も絵はあまり上手くないので、初めて描く被写体は下書き多めに取っています!

2つめの手順は下書きです!

手順3.清書する

清書は最終行程です。商業用雑誌で連載していればセリフ以外はそのまま世界に発信されます。

清書は最終行程ですが、画力の高い漫画家は時間が足りない時、清書から描く先生もいます。

例えば、ドラゴンボールで著名な鳥山明さんは、時間が無いときは下書きをしないで直で清書をしていたそうです。

台詞入れ

台詞入れは、アナログとデジタルで少し違います。

アナログの場合は、手書きでネーム台詞を入れて印刷会社の機械で文字入れをすることが多いです。

デジタルの場合は、自分で文字のフォントを選び文字入れすることが多いですね。

最後は清書でした!

まとめ

漫画の描き方手順は以下の通りです。

  1. ネームを描く
  2. 下書きを描く
  3. 清書する

基本的な漫画の描き方は以上となります。

少し手間が多いと感じるかも知れないですが、プロの漫画家も行っている手順なので、これを行えばプロの漫画家の描いた絵に近づけると思います!

最後までお読み頂きありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました