【知らなきゃ危険?】猫草と犬草の違い【有用】

猫草

    こんにちは、Awaisoraの管理人です。

    知らず知らずに猫や犬に食べさせていた植物が、その動物にとって実は有害だった。それによって飼っていた愛するペットが死んでしまった。といった飼い主の「知らない」ことが原因のペットの死亡事故は、古今東西、世界中で絶えません。

    このような中で「猫草と犬草の違いがわからない」、「そもそも猫草って!?犬草って!?」、「わからない、わからない、わからない」と危機感をお感じになる方もいらっしゃると存じます。

    そこで今回は、猫草と犬草の定義の側面から直感的にわかることまでをカバーして、猫草と犬草の違いを2つ解説して参ります。参考にしてね!

    まずは、猫草と犬草の違い1つ目「草に対しての猫と犬の好み」の解説です。

    猫草と犬草の違い1.「草に対しての猫と犬の好み」

    猫草と犬草は、りんごや稲、トマトのように「独立した存在」だ。と、その名称から思ってしまう方がいらっしゃると思いますが、実は、猫草と犬草というように生物学上命名されている植物はありません。おそらく、生物学外でもないんじゃないかな..。

    じゃあ、「猫草と犬草の違い何なの?」というと、それは、「草に対しての猫と犬の好み」です。というのは、猫草の定義が「猫が好んで食べる草」とされているので、犬草の定義もプロットにあてはめると、「犬が好んで食べる草」になるという理由です。

    少し抽象的な定義でわかりにくいかもですね。しかし、実は、猫も犬も同じ、単子葉類に分類される「イネ科の植物を好む」という共通の特徴があります。なので、猫草(猫が好んで食べる草)と犬草(犬が好んで食べる草)という言葉に紛らわしさを感じる方は、「猫草と犬草は、ほぼ同等の意味」と大きくカテゴライズしておくと紛らわしさが抑えられると思います。

    次に、猫草と犬草の違い二つ目「熟語」の解説です。

    猫草と犬草の違い2.「熟語」

    最後の猫草と犬草の違いは、「熟語」です。具体的にどこが違うのかいうと、これは、直感的にご理解されたと存じますが、実は「熟語」が違います。さらに、具体的に違いをいうと「熟語」が違います。というのは、冗談です。

    興味があるのに、理解できない言葉・方法・仕組みなどがあると、不安になったりその説明者や解説者、道具に対して、「なんでもっと簡単に説明してくれないの」と怒りが湧きますよね。あなたはどうでしたか?

    気を取り直して、具体例の本当をいえば、猫草と犬草は、”草”の前に付いている自由形態素(言語学の用語)の「“猫”と”犬”が違います」。言い換えれば、この2つの熟語は違うということです。

    今回は、猫草と犬草の違いを解説して参りました。いかがでしたでしょうか?猫草と犬草の違いは、要約すると「”好み”と”言葉”」です。最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました