猫草の水栽培のやり方を解説します!

ビニールハウスで育てられている野菜 猫草
    ビニールハウスで育てられている野菜

    こにゃにゃちは!今回はお手軽な猫草の水栽培方法を紹介します。

    レッツトライ。にゃん。

    準備

    私の紹介する水栽培法では以下の準備が必要です。

    用意するもの

    大きめの同じ空き缶2つ 缶切り(若しくは缶を切り取れる道具)耐久性のある先のとがったもの(穴開け用) 市販で売られている猫草の種 

    下準備

    水栽培で利用する容器を作る為に、空き缶2つを加工します!かんたんに出来るので挑戦してみてください!

    空き缶1

    1.空き缶の底を缶切りで切り取ります。

    2.切り取った空き缶の底に、種より少し小さい穴をあけます。

    空き缶2

    1.空き缶の上を缶切りで切り取ります。空き缶の上の部分は使わないので捨てて平気です!

    2.缶の5分の3くらいの位置を軽くつぶします。「空き缶1」で加工した空き缶の底が、落ちないようにするためです!

    水栽培法

    準備ができたらいよいよ種を撒きます!

    1.種を軽く洗います。

    2.「空き缶1」で加工した空き缶の底を、「空き缶2」に入れます。

    3.市販の種を「空き缶の底」に横いちめん入れます。

    4.種が半身浴するぐらいまで、水を注ぎます。なぜ半身浴なのかというと理由は2つあって、1つは水がないと発芽してくれないのと、もう一つは水に埋もれると呼吸ができないという理由があります。

    5.発芽するまでは光の当たらない場所に、置いてあげてください。これにも理由があり、猫草の種は「嫌光性種子」という光が嫌いな性格を持っています。なので光に当ててしまうと発芽しにくくなってしまいます。

    まとめ

    お手軽に作れる容器を意識して考えました。簡単な水栽培法ですがしっかり育ってくれると思います!ゴロゴロ~

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました