夜に寝落ちする原因を徹底解説!【わかる】

身体

    こんにちは!睡眠アドバイザーのAwaisoraの管理人です!

    突然ですが、あなたは普段夜によく寝落ちをしてしまいますか?

    今回は、夜に寝落ちする原因について、睡眠アドバイザーの私が徹底解説していきたいと思います!

    寝落ちとは?
    寝落ちとは「作業中に意識が落ちて寝てしまう」といった意味です。例を出すと、電話中に寝落ちするやゲーム中に寝落ち、動画視聴中に寝落ちするなどがあります。また寝落ちには寝落ちをしたいと思っている人と寝落ちをしたくないと思っているタイプの2種類の人がいます。寝落ちをしたいと思っている人は睡眠障害に近い可能性があるので注意が必要です。寝落ちしたくない人もからだが寝たがっている証拠なので注意しましょう!

    寝落ちの原因

    普段はあまり寝つきが良くないのに、眠ってはいけないって時には、簡単に眠ってしまう。

    そんな経験ありませんか?

    実は寝落ちしやすいのには脳に原因があります。

    今回はその原因について紹介していこうと思います。

    脳について

    睡眠に関係するホルモンをたくさん出している脳ですが、実は寝落ちにも関係しています。

    脳は普通、目を瞑り何も考えなければ寝てしまうのです。

    なので以下の時に寝落ちします。

    疲れているとき

    例えば、「あなたが友達と夜にゲームをやっていて、ゲームの節目にホッと一息と思い、目を瞑ってしまう」 もうこれは完全に寝落ちします。

    ゲームの節目は疲れているので、何も考えません。なので目を瞑ってしまうと寝てしまいます。

    難しい話を聴いたり読んだりしているとき

    難しい話には、新しい単語など覚えることが沢山含まれます。

    特にそれがつまらなければ、尚更です。

    眠いとき

    眠かったら寝落ちする可能性が、ぐんっと上がります。

    難しいですが、考えながら作業すれば意識を保てると思います。

    今回は、夜に寝落ちをする原因について解説をしました。 夜に寝落ちをする原因についてご理解いただけましたでしょうか?

    寝落ちをしたい方は、作業中に目を瞑って何も考えないことを意識してください。寝落ちをしたくない方は、目を瞑ってはいけませんよ!最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました