お金の使い方が下手な人と上手い人の根本的なたった1つの違い

装飾目的 お金
    装飾目的

    お金の使い方が下手な人と上手い人の根本的な違いを1つ紹介します。

    本人がお金の使い方に満足しているか、していないか

    お金の使い方に満足していればそれはお金の使い方が上手いと言えます。例えば、肉まんが食べたい人が我慢して食べたくもないチキンにお金を使い食べていたら意味がわからないしお金の使い方が下手です。

    またもう1つ例を出せば、お金持ちになりたいのに投資もせず、銀行口座に貯金をしていたらあまり使い方が上手いとはいえません。

    お金の使い方が下手な人の例

    • 嫌いなものに使う
    • 実りが欲しいのに、実りのないものに使う

    お金の使い方が上手い人の例

    • 好きなものに使う
    • 投資が上手い

    まとめ

    根本的にお金の使い方が下手な人と上手い人の違いは「本人がお金の使い方に満足しているかしていないか」です。

    なので本人がお金の使い方に満足していれば、それはお金の使い方が上手いということになります。

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました