オプション取引とは?権利の取引!わかりやすく解説

オプション取引 ネット証券
    オプション取引

     こんにちは!Awaisoraの管理人です!

     僕は金融商品が大好きです。オプション取引については、10時間以上勉強しています。

     オプション取引について簡単に説明をすると、オプションを売買する取引のことです。また、金融派生商品(デリバティブ)といって、株や在来の取引方法に似ているのが特徴です。で、おそらくこの説明だけでは分からないですよね。

     そこでこの記事では、金融商品大好きな僕が、「オプション取引とは何か」についてわかりやすく解説していきます。

     それでは、オプション取引とは何かの解説です。

    オプション取引とは権利の取引

    オプション取引

     最初に上で、オプション取引はオプションを売買する取引と簡単に説明しました。

     でも、あなたはオプションの意味分かりますか?英語にすると『option』で、直訳すると『選択』です。

     選択を売買する取引?となりそうですが、これは間違いです。

     ここでいうオプションは、『権利』のことです。つまりオプション取引を具体的に説明しますと、「将来の決められた日にち(満期日)に決められた価格で売買できる『権利』の取引」のことです。

     もう少し売買の権利について具体的に解説します。

    売買の権利

     売買の権利は、『コールオプション』と『プットオプション』と呼ばれる2種類があります。それぞれ権利を売買する権利なので、合計4種類あります。

    コールオプション

     買う権利を売買することを「コールオプション」といいます。

     コールオプションは、買う権利を売買するので『買う権利の購入』と『買う権利の売却』の2種類があります。

    プットオプション

     売る権利を売買することを「プットオプション」といいます。

     こちらも売る権利の売買なので、『売る権利の購入』と『売る権利の売却』ができます。

     このように、オプション取引は権利の取引ということですね。

     以上でオプション取引とは何かの解説は終了です。

     今回は、「オプション取引とは何か」について解説していきました。オプション取引とはどんな取引だったでしょうか?

     おさらいをすると、オプション取引とは、株・FXなどの権利の取引です。最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました