オゾン水生成器のおすすめ3選!【オゾン好きが紹介】

オゾン

こんにちは!Awaisoraの管理人です!

僕はオゾンが大好きで、以前オゾンについて学んでいました。

さて今回はそんな僕が、オゾン水生成器のおすすめ3つをご紹介していこうと思います!

オゾン水生成器とは?
オゾン水生成器は、水中にオゾンガスを溶かし込み、オゾン水を生成する機械です。 オゾン水は強力な除菌力があるので、歯科医師さんなどがよく使います。 その他に一般家庭で手洗いやうがいのため、食材の洗浄のために使われたりします。

オゾン水生成器には、利用して生活満足度が高くなったという声が多々ありますよ!

1.オゾンバスター

オゾンバスターは家庭や産業用に使用されています。

小型

オゾンバスターは、直径8cm,高さ3cmの手のひらサイズです。

家庭用や産業用に使用することが出来ます。

低価格

オゾン水生成器と比較的に低価格です。

オゾンバスター49,800円(税別
オゾンバスターインダストリー298,000円(税別)
オゾンバスターPRO89,800円(税別)

口コミ

オゾンバスターについての口コミをご紹介します!

オゾン(O3)は30~40分程度で分解され酸素(O2)に戻り、細胞毒性を残さない酸化剤です。
このオゾンを溶解した水溶液であるオゾン水は原水のpHを変えることなく中性のまま酸素に戻る安全な物質であるにもかかわらず、その酸化力により強い除菌力を有しているのです。
除菌力は次亜塩素酸よりも強く、残留性はなく、アレルギー反応は非常に少ないです。
さらに患者さんが患者さんを紹介してくれるという副産物までついてきています。
ただしこの副産物は他の歯科医院が始めだすとなくなってしまいますから、一番煎じだと感じています。
オゾンバスターは短時間(数分程度)で1~2リットルの水をオゾン水に変えることができ、さらに持ち運びができるもので、この料金でここまでできるのはオゾンバスターのみです。
これを使用すると必ず1台だけではなく2台3台と必要になってきます。

引用:オゾンマート/https://www.ozonemart.jp/wp/archives/product_lp/1118

オゾンバスターのまとめです!

オゾン水生成能力1-10リットル
通常価格49,800円(税別)
値引価格27,800円(税別)

2.オゾンバスターインダストリー

オゾンバスターインダストリーは、産業用に多く使用されています。

産業用のハイパワー

生成能力は、50-200リットルでご紹介するオゾン水生成器の中で最も高いです。

オゾンバスターインダストリー50-200リットル
オゾンバスター1-10リットル
オゾンバスターPRO10-50リットル

産業用としてよく利用される

このオゾンバスターインダストリーは、産業用としてよう利用されています。

高性能・高価格・サイズが大きいので、確かに家庭用よりかは産業用の方が向いていますね。

ちなみに価格は、298,000円(税別)。サイズは、高さ25.5cm,直径8cm,重さ1.4kgです。

1.4kgといえば、お米の1升分くらいあります。つまり1袋分ですね。

オゾンバスターインダストリーのまとめとなります!

オゾン水生成能力50-200リットル
価格298,000円(税別)

3.オゾンバスターPRO

オゾンバスターPROは、「オゾンバスターでは力不足だ」というかたが多く使用している商品です。

大人気のオゾン水生成能力と価格

オゾンバスターPROは、バランスの取れた商品です。オゾンバスターPROの生成能力(10-50リットル)は、オゾンバスターインダストリー(50-200リットル)ほど生成能力は劣りますが、オゾンバスター(1-10リットル)よりは高いです。

オゾンバスターインダストリー50-200リットル
オゾンバスターPRO10-50リットル
オゾンバスター1-10リットル

また、価格もオゾンバスターよりは高いですがオゾンバスターインダストリーよりは安くなっています。

オゾンバスターインダストリー298,000円(税別)
オゾンバスターPRO89,800円(税別)
オゾンバスター通常価格49,800円(税別)
値引価格27,800円(税別)

そのため、オゾンバスターの生成能力で満足できなくなった方が、購入されるケースが多いようです!

口コミ

オゾンバスターの口コミです!

私どもの仕事は歯科診療サービスです。医療に関わる仕事なので、当然滅菌や除菌と言った事柄にはとても気を使います。 既存の化学部質を使用した薬剤は効果も実証されていて公的機関の認定もあるかも知れません。しかし扱いも面倒な点もありますし、何より高価な点も欠点だと思います。日常の診療業務に使用しますので消費コストも馬鹿になりません。
オゾンバスターの作業効率、つまりどの程度の濃度のオゾン水が出来上がっているのかと言うことを失礼ながら疑ってかかり、簡易測定法で確認いたしました。上の写真の真ん中の2本がオゾンバスターで作成したものです。500ccの容器内で2分程度の時間で作成しましたオゾン水濃度を測定したものです。簡易的に2ppm程度の値を示しています。 おそらく十分時間をかければ5ppmくらいまで行くのではと思います。
※ その後の使用で1リットルくらいの容量水で、十分時間かければ5ppmクラスのオゾン水が作成可能とわかりました。右2本は他の製品と併用で十分時間が経過した後の物でして5ppm程度の値を示しています。
ちなみの左側のサンプルは他メーカー製の水道水直結のオゾン水生成装置から出来たオゾン水の濃度測定した結果です。せいぜい0.5ppm~1.0ppm程度ではないでしょうか?水道水直結の場合、便利で使い勝手も良いですが濃度はやはりそれなりだったです。

引用:オゾンマート/https://www.ozonemart.jp/wp/archives/product_lp/1118

オゾンバスターPROのまとめです!

オゾン水生成能力10-50リットル
価格89,800円(税別)

最後に

今回は、オゾン水生成器のおすすめ3つをオゾン好きな僕がご紹介しました!

おすすめしたオゾン水生成器をまとめると、

以上の3つとなります。

オゾン水生成器のお値段は、高いですが購入して良かったという声が多くありますね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました