ポイント交換のPeXとは?わかりやすく解説!

ポイントサイト

    こんにちは!副業アドバイザーのAwaisoraの管理人です!

    ポイントサイトを利用していると、よくポイントの交換先として『ポイント交換のPeX』の表示がありますよね。

    初めて『ポイント交換のPeX』を知った方にとっては、概要や仕組みがまったく分からずに不安だと思います。

    そこで今回は、副業アドバイザーの私が『ポイント交換のPeX』について、わかりやすく解説をしていこうと思います!

    ポイント交換のPeXの基本的な使い方は3ステップ

    PeXの基本的な使い方は『お小遣いサイト・アンケートモニターサイトの
    ポイントをPeXにまとめる』と『PeXでもポイントを貯める』と『PeXポイントを交換する』の3ステップです。

    お小遣いサイト・アンケートモニターサイトのポイントをPeXにまとめる

    お小遣いサイト・アンケートモニターサイトのポイントをPeXにまとめることが出来ます。

    ポイント交換のPeXと提携している提携先は100ヶ所以上で、1年に1回ログインしておけばポイント失効がありません。

    お小遣いサイトやアンケートモニターサイト側も、ポイントの交換を外部化することによって業務上のコストを削減できるため提携先は増え続けています。

    提携先の例として、ハピタスやちょびリッチ、infoQなどがあります。

    また、ポイント交換のPeXは優良企業なのでポイント失効の基準が優しいです。

    ポイントを貯めるのに飽きても、ポイント失効までの期間が長いので余裕をもって生活ができたり、ポイントをまとめることによって各サイトのポイントに有効期限を気にせずに利用することが出来ます。

    なので色んなサイトでポイントを貯めている方は、PeXを使えばまとめてポイントを貯めることができ、失効猶予もかなり長いのでもしかしたら提携先よりもお得にポイントを有効活用できるかも知れませんよ!

    PeXサイト内でもポイントを貯める

    PeXでは自身のサイト内でもポイントを貯めることが出来ます。

    方法は、無料ゲームやポイント投資、ポイント定期預金など色々なものが用意されており、スマートフォンでも利用することが出来ます。

    なので外出先でも、ゲーム感覚でポイントを貯めることが出来て、いつでもどこでもPeXの機能を最大限に利用することが出来ますね!

    このようにPeXは外部からポイントを交換しなくても、サイト内でポイントを貯めることができるので、お小遣いサイトとしての需要もあります!

    PeXポイントを交換する

    そしてPeXのメインコンテンツのPeXポイント交換です。

    PeXポイントの交換は、圧倒的な交換先の種類と手数料の安さが特徴で、ポイントをまとめて一度に交換すると手数料が節約できたり、交換レートがお得になる交換先もあります。

    代表的な交換先はTポイントや楽天Edy、Amazonギフト券、航空マイル、現金などがあり、ポイントレートは通常10ポイント→1円相当です。

    交換先の種類はほとんどのお小遣いサイトやアンケートモニターサイトを超えています!

    交換手数料も安く、こちらもほとんどのお小遣いサイトやアンケートモニターサイトを超えています!

    このようにPeXでは、通常のポイント交換よりもお得なポイント交換ができてしまうわけですね!

    PeXは安心で安全

    PeXを運営するしている企業は株式会社VOYAGE MARKETINGです。この会社は東証一部上場の株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、社会的な信用性があります。

    参考として東証一部上場の有名企業を紹介すると、トヨタ自動車やソフトバンクグループ、ソニー、セブン&アイ・ホールディングスなどがあり、凄さがわかりますね。

    また、PeXは個人情報保護の体制を整備したり、不正対策を強化しています。

    主に公開されている不正対策はサイトのSSL化で、データを暗号化して送受信していますね。

    東証一部上場と個人情報保護の体制、不正対策の強化がPeXが安心で安全な理由となっています!

    最後に

    今回は、ポイント交換のPeXについての解説をしました。PeXについて興味が湧きましたか?

    このサービスはかなり便利な、ポイント交換サービスなので、ポイントサイトをよく利用するかたは、この機会に利用してみてはいかがでしょうか!

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました