プライバシーマークとは?取得するメリットとデメリットをご紹介!

勉強

    プライバシーマークについて取得するメリットやプライバシーマークの更新、発行元などを解説していきます!

    プライバシーマークを取得するメリット

    プライバシーマークを取得するメリットで大きいのはプライバシーマークを認知しているかたやアピールポイントとして一定の信頼性を証明できることです。

    プライバシーマークには厳しい審査と取得する場合には長い時間がかかるので審査に通るまでのプライバシーの保証などから容易に安全性を判断することができます。

    プライバシーマークを取得するデメリット

    では逆にデメリットはあるのかというと、後述しますが審査に受かるためにかかるコストと更新による負担が上げられます。

    なので自分のコンテンツがプライバシーマークを取得したほうが良いサービスか、それともしなくても良いサービスなのかを分析することが大事です!

    プライバシーマークの更新

    プライバシーマークには利用期限があり付与されてからプライバシーマークを使える期間は2年間です。2年間を過ぎると同じ審査のもともう一度審査に受からなければいけません。

    また更新申請をするには、有効期間の終了する8か月前から4か月前までの間に申請する必要があります!

    発行元

    プライバシーマークは一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標です。

    許諾されるとプライバシーマークを自社のパンフレットやウェブ上で使用できるようになり、プライバシーマークを認知している人に信用をある程度証明することができます。

    まとめ

    取得するメリット信頼性を高める
    有効期間2年間
    プライバシーマーク制度付与機関一般財団法人日本情報経済社会推進協会

    取得するメリットは信頼性などの向上で有効期間は付与されてから2年間です。そしてプライバシーマークを付与している機関は一般財団法人日本情報経済社会推進協会となっています!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました