先物取引とは?わかりやすく簡単に解説!

ネット証券

    先物取引とは、金融派生商品の一つです。価格や数値が変動する各種有価証券・商品・指数等について、未来の売買についてある価格での取引を約束するものをいいます。

    こんにちは!Awaisoraの管理人です!

    僕は金融商品が大好きです。先物取引については、10時間以上勉強しています。

    今回は、そんな僕が先物取引とは何かわかりやすく簡単に解説していこうと思います!

    この記事を読めば、先物取引についてほぼ完璧に理解できるようになりますよ!

    用語説明

    最初に説明した文の用語を解説していきます!

    金融派生商品とは

    金融派生商品は、株やFXなどの金融商品から派生した金融商品のことです。

    例を出すと、先物取引の他に、オプション取引、スワップ取引などがあります。

    これら金融派生商品の特徴は、安い資金で大きく稼ぐことができることです。

    なので資金力のない人におすすめできます。

    一応注意点としては、レバレッジが大きいので損益も想定できます。なので負債する可能性があります。

    負債とは、簡単に言えば借金のことです。

    有価証券とは

    有価証券はそれ自体に財産的価値があるものをいいます。

    有価証券の具体例を出すと、株券や社債券といった『資本証券』、手形や小切手といった『貨幣証券』、運送証券や倉荷証券といった『物財証券』などがあります。

    なのでこれら3つの証券は、全て有価証券です!

    未来の売買についてある価格での取引を約束とは

    最初の1文で先物取引についてこう書きました。「未来の売買についてある価格での取引を約束」。

    これについてわかりやすく解説します。

    オプション取引との違い

    先物取引の説明にオプション取引を例に出すと、理解しやすいです。

    オプション取引は、未来の売買の取引を売買する金融派生商品です。

    先物取引は、未来の売買についてある価格での取引を約束する金融商品です。

    つまり先物取引は売買の価格を約束するだけの取引なのです。

    金融商品は価格変動が激しいですよね。

    売買の差益で儲けたい人以外は、そういったものは要らないんです。

    例えば、単純にお気に入りの会社の株を、持っていたい人などのことです。

    そういった人などは、あらかじめ売買の価格を約束しておけば安心して取引ができます。

    これが未来の売買についてある価格での取引を約束先物取引なんです!

    最後に

    今回は、先物取引とは何か解説しました。いかがでしたでしょうか?

    最初は完璧に覚えておかなくても大丈夫です!

    なぜかと言うと概要だけ覚えておけば、取引をしているうちに覚えていくからです!

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました