仕事で寝落ちしないための対策

仕事

    仕事中にどうしても寝落ちしてしまうという方向けに、今回は寝落ちの対策方法を6つ紹介していきます!

    興味のあることを考える

    興味のあることを考えると副交感神経と比較して、交感神経が優位になります。交感神経は人間が活発に活動するための重要な役割を持っていて、これが副交感神経より優位になると覚醒します。

    逆に興味のないことを考えても余計眠くなるので、場所を忘れるぐらい興味のあることを想像して眠気を吹き飛ばしましょう!

    仕事前のご飯は腹八分目

    あなたは食べ物を食べた後に眠くなるという経験をしたことはありませんか?実は最新の研究では、それにオレキシンというたんぱく質が関わっているかも知れないという研究成果が出ており、

    その研究によるとオレキシンの働きが弱まると眠りを促し、その弱まる原因の1つは満腹だといいます。もし、朝ご飯やお昼ご飯をたくさん食べていたという方は今後仕事前には腹八分目を心がけた方が良いでしょう。

    十分な睡眠をとる

    十分な睡眠をとらないと眠気や集中力、思考力の低下が起こり、眠気を催します。また、日本心理医学会総会の資料によると睡眠不足の症候群の症状として『疲労』や『集中困難』、『認知機能の低下』などが挙げられる睡眠は十分にとりましょう!

    外にでる

    人のいる密室では二酸化炭素の濃度が上昇し、眠気を催します。アメリカの研究所と研究チームによると「室内の二酸化炭素濃度が2,500ppmに達すると集中力が低下する」と発表されていて、

    集中力は眠気に深く関係しているため集中力が低下すると思考力が弱くなり寝落ちしやすくなります。隙間時間ができたら、新鮮な外の空気を吸うなどをして対策しましょう!

    仲間と喋る

    寝落ちは何も考えず目を閉じると起こる生理的現象です。なので仲間と喋ると脳が働き眠りにくくなります。

    もし職場がお喋り可能な環境ならおすすめの対策方法です!

    まとめ

    今回は仕事中にできる計5つの寝落ち対策方法を紹介しました。寝落ちしそうな時や睡魔と戦いたくない時などにぜひ、お試しください!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました