孫文(そんぶん)人生の名言・格言集【感動する!】

勉強

    こんにちは、Awaisoraの管理人です。

    なにか仕事をしていると偉人の名言・格言を知って、その教えを自分の血や肉としたいと思ったことはありませんか?名言や格言は、簡単に人間としての生き方を学べるので楽しいですよね。

    そこで、今回は、そんな方たちに向けて孫文(そんぶん)人生の名言・格言を意味付きでリスト順にご紹介していきたいと思います。この記事が、「孫文の名言や格言を探していた」や「まとまった名言・格言集でみてみたい」などといった方たちの参考になれれば幸いです。


    1. 革命における破壊と建設とは、もともと相互に不可分なものである。
    2. 自分がやれると信じるなら、たとえ山を移し、海をくつがえすほど困難なことでも、いつかは成し遂げることができる。自分がやれないと思うなら、たとえ掌を返し、枝を折るほど容易なことでも、永遠に成し遂げることができない。
    3. 先知先覚者は創造する人であり、後知後覚者は宣伝する人であり、不知不覚者は実行する人である。この三種の人々が互いに助け合い協力してこそ、はじめて人類の文明は一日千里の勢いで進歩し得る。
    4. 人生すべて七転八倒だ。大切なことは慌てないことだ。絶望さえしなければ必ず成就する。
    5. 地盤を確保する方法とは何か。それは人心を得ることにある。一度、人心を得れば、この地盤を永久に我々のものにし、他人から奪われることはない。
    6. 信念ができると、力が生まれる。
    7. 東方の文化は「王道」であり、西方の文化は「覇道」であります。「王道」は仁義道徳を主張するものであり、「覇道」は功利強権こうりきょうけんを主張するものであります。仁義道徳は正義合理によって人を感化するものであり、功利強権は洋銃大砲をもって人を圧迫するものであります。
    8. 一つ失敗するごとに一つ進歩する。
    9. 国とは人の集まりなり、人とは心の器なり。(意味:国とは、人の集まりそのものなのだから、人をおろそかにして、国を繁栄させようとすることなど、愚の骨頂。そして人とは、心の器だ。だから、人の心をないがしろにすることも然り)
    10. 世間でいう成功者とは、一時の栄えに過ぎない。志と信義を持つ者こそが、万世にわたる功績を成す。
    11. 知るは難く、行うは易し。

    以上、孫文(そんぶん)人生の名言・格言集でした。名言や格言からは、まるで漫画の主人公のような仲間意識を感じますね。感動です。最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました