室内用タイマー付き照明おすすめ8選

おすすめ 生活
おすすめ

 こんにちは。この記事では、「室内用タイマー付き照明の比較」と「室内用タイマー付き照明のおすすめ」を紹介していきます。

 室内用タイマー付き照明を使用すると、「電気を付けたまま寝落ちをしないための対策」になり電気代や寝る前に電気を消灯する労力削減に役立ちます。

 まずは、室内用タイマー付き照明の比較です。

室内用タイマー付き照明の4種類比較

室内用タイマー付き照明タイマー設定(消灯)電球タイプ携帯性

パナソニック
WTP53916WP
10秒~12時間使用する照明に依存

VAVA
VA-CL006
最大1.5時間LED

LBELL DIRECTOR
0.5時間または1時間LED

YUKI
01
LED

 上の表では、タイマー設定と電球タイプ、携帯性を比較しています。以上で室内用タイマー付き照明の比較は終了です。

 続いて、室内用タイマー付き照明のおすすめを紹介していきます。

室内用タイマー付き照明のおすすめ

おすすめ

 下では、比較で得た情報をベースに室内用タイマー付き照明のおすすめを条件と個人の偏見で紹介をしていきます。

 まずは、タイマー設定の性能を重視した場合のおすすめの紹介です。

タイマー設定の性能を重視

 1位と2位をそれぞれ紹介していきます。

1位.パナソニック WTP53916WP

 パナソニック WTP53916WPのタイマー設定の性能は、「10秒~12時間」と可変式。そのため、直観的にその日の気分で自由に繊細なタイマー設定が可能です。

 余談になりますが、一見、困難に見える設置方法はドライバー1つで設置可能なためとても簡単に使用できます。

2位.VAVA VA-CL006

 VAVA VA-CL006のタイマー設定の性能は、二段階式でタイマー設定は最大1.5時間。ロゴの部分をハンドタッチするだけでタイマー設定が可能ですので、ふとした瞬間に、直観的にタイマーをセットすることができます。

 ただ、タイマー設定は簡単なのですが、1位のタイマー付き照明のように繊細なタイマー設定ができませんので、2位とします。

 続いて、電球タイプを重視した場合のおすすめを紹介していきます。

電球タイプを重視

 1位と2位をそれぞれ紹介していきます。

1位.LBELL DIRECTOR

 LBELL DIRECTORの電球タイプは、LEDを採用しています。そのため、光が夜の暗闇での作業を目に優しくサポートしてくれます。

2位.VAVA VA-CL006

 VAVA VA-CL006の電球タイプは、前項の電球タイプと同じくLEDを採用しています。

 ただし、VAVA VA-CL006は幼児や赤ちゃんといった低年齢向けに開発されているため、本体サイズがコンパクトで、それに伴って明かりの強さが薄弱です。

 上の理由で電球タイプでは2位としました。

 続いて、携帯性を重視した場合のおすすめを紹介していきます。

携帯性を重視

 1位と2位をそれぞれ紹介していきます。

1位.YUKI 01

 YUKI 01は、外観でも想像できますように、片手で持ち上げられるほど本体幅が狭く、重量も約249gで軽重量。そのため、携帯性は抜群です。

2位.VAVA VA-CL006

 VAVA VA-CL006は、一見、高重量に見えて重そうですが、前述した通り幼児向けに開発されている製品ですので、サイズもコンパクトで重量も340gです。

 上の通り、携帯性は抜群です。ただし、重量と幅のサイズが一位で紹介した商品より大きいため2位としています。

 最後に、総合評価の紹介です。

総合評価

 1位と2位をそれぞれ紹介していきます。

1位.パナソニック WTP53916WP

 パナソニック WTP53916WPは、「10秒~12時間」と可変式のタイマー設定、ドライバー1つで設置できる設置方法の手軽さ、照明とタイマー設定が分離している分業性能。

 この三点から総合評価として個人的に一番おすすめできる室内用タイマー付き照明として紹介します。

2位.LBELL DIRECTOR

 LBELL DIRECTORは、LEDを採用している電球タイプ、暗闇で作業がしやすい丁度いい光の強さ、安定感のある外観。

 この三点からおすすめの室内用タイマー付き照明となりますが、照明がすでにあるのに照明を設置するのは、かさばり感がありますので2位とします。

 以上で室内用タイマー付き照明のおすすめの紹介は終了です。

 今回は、「室内用タイマー付き照明の比較」と「室内用タイマー付き照明のおすすめ」を紹介していきました。気になった室内用タイマー付き照明はございましたか?

 室内用タイマー付き照明のおすすめのおさらいをすると、です。最後までご覧頂きありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました