単発バイトを募集しているサイトを徹底比較!【即・契約】

仕事

    今回は、単発バイトを募集しているサイトの比較をしていくのと、そもそも単発バイトでお金を稼ぐメリット・デメリットって何なのかについてご紹介していきたいと思います。まずは、単発バイトを募集しているサイトの比較からのご紹介です!

    単発バイトを募集しているサイトの比較 早見表

    サイト名 エリア 単発バイト求人数(全国) 日払い求人 登録者数

     shot works
    47都道府県 約758件 あり 約200万人以上
    マイナビバイト 47都道府県 約7,568件 あり 約303万人以上
    ランスタッド 25都道府県 約845件 あり 不明
    テンプスタッフ 47都道府県 約222件 あり 約60万人以上
    工場ワークス 47都道府県 約43件 あり 不明
    ※2020年4月14日時点での情報

    以上、単発バイトを募集しているサイトの比較でした。意外と単発バイトを募集しているサイトは多いです。ですが、なぜ単発バイトで働くのかお考えになったことはございますか?もしかしたら、他の就業形態で働いたほうが自分に合っている可能性もあります。

    そこで次に、そもそも単発バイトでお金を稼ぐメリット・デメリットとは何なのかについてご紹介していきたいと思います!

    そもそも単発バイトでお金を稼ぐメリット・デメリットって何??

    なんとなく単発バイトでお金を稼ごうとお考えの方は、他の仕事をしたほうがメリットがある可能性があります。事前に単発バイトをするメリット・デメリットを確認しておきましょう。最初に単発バイトをするメリットについてお話ししていきます!

    単発バイトをする5つのメリット

    1. 急遽空いた時間を活用できる
    2. ほとんどのバイトが未経験でもOK!
    3. いろいろな仕事を体験・経験できる
    4. 人間関係がドライで楽
    5. 給料がすぐに得られる可能性がある

    以上が単発バイトで働く主なメリットです。以下では、メリット1つ目から詳細を書いていきます。

    メリット1.急遽空いた時間を活用できる

    短期契約や同じ勤務先でのバイト・派遣で働く場合、あらかじめシフトという予定表に勤怠が決められています。もし、旅行や遊びなどを予定していてシフトを空けておいた日が急遽、トラブルなどで予定がなくなり、なにもすることのない1日となったらしばらくへこんでしますよね。

    ですが、単発バイトであれば、短時間の募集で前日や当日の募集といった案件が一定数あるため、そのような急遽空いてしまった時間を働いて無駄なく活用することができます!

    続いて、メリット2つ目です!

    メリット2.ほとんどのバイトが未経験でもOK!

    短期契約や社員契約、またすこし特殊な働き先である場合、仕事の詳細ページに「未経験NG」であったり「経験者歓迎!」といった一文が添えられていることが多いです。

    自分にすこし自信がないとこのような一文を見ただけで、実際すこし経験したことがあっても尻込みしてしまうという方も多いのではないでしょうか?加えて、本当に未経験の方であれば自分は求められていないのかと、モチベーションが下がって仕事を探す意欲も落ちてしまうと思います。

    しかし、単発バイトであれば、難しい知識や特殊なスキルを必要としない単純な作業を求められることが多いため、ほとんどのバイトが「未経験でもOK」であったり「未経験歓迎!」といったことが書かれています。そのため、未経験者でも安心してアルバイトに取り組むことができます!

    次に、メリット3つ目のご紹介です。

    メリット3.いろいろな仕事を体験・経験できる

    同じ仕事先で働いていると、仕事がマンネリ化して人によっては、退屈を感じてしまうことがあると思います。そんなとき、単発バイトであれば、その日もしくは近日の気分で仕事を選択でき、毎回新鮮な心持ちで仕事に従事することができます。いろいろな仕事を体験したり経験できるので、人によっては最高の働きかただと思います。

    続いて、メリット4つ目です。

    メリット4.人間関係がドライで楽

    同じ職場や勤務先で働いていると、そこの人とのちょこっと面倒くさかったりする付き合いだったり、嫌いな人と一緒に働かなければいけないなど、人間関係で悩んでいるかたは多いはずです。

    ですが、単発バイトであれば、一日限りの付き合いですし、また嫌いな人がいてもその日すこし我慢すれば、その人とはおさらばです。

    そして、最低限の挨拶・敬語といったマナーをしていれば、その日中も疎外感を覚えることがなく仲良く終えることができるはずです。なので、面倒くさい人間関係を気にせずにドライな関係性で楽に働くことができますよ!

    最後に、メリット5つ目をご紹介します。

    メリット5.給料がすぐに得られる可能性がある

    短期派遣や社員である場合、通常、給料は月末締め翌月末払いであることが多いです。しかし、「今すぐに給料が欲しい」だったり、「あと少しお金があれば..」ということってありますよね。

    そんなとき、単発バイトであれば、日払い・週払いの支払いシステムを採用しているところが多かったりするため、給料をすぐに得られる可能性があります。なので、お金に困った時は単発バイトをしてみるのも良い手かも知れません。

    以上が単発バイトをする5つのメリットでした。このように単発バイトって意外とメリットがあるんです(*’▽’)。しかし、デメリットもあります。続いては、そのデメリットの紹介です!

    単発バイトをする4つのデメリット

    1. 毎回、仕事を探して応募しなければならない
    2. 毎日は仕事がもらえないかも
    3. 平日は案件数が少ない
    4. スキルアップはあまり期待できない

    以上が単発バイトのデメリットです。以下、デメリット1つ目から詳細を書いていきます。

    デメリット1.毎回、仕事を探して応募しなければならない

    短期契約や長期契約は、勤務日のシフトが決まっていてそのシフト通りに通勤すれば給料を稼ぐことができます。しかし、単発バイトの場合は、毎回自分で仕事を探して応募しなければ、定期的に働くことはできません。なお、応募方法は、サイトによって比較でき、インターネットで仕事を探して応募するタイプ、メールで配信された仕事の募集に応募するタイプ、そして電話で問い合わせて希望を伝えるタイプもあります。毎回、応募するのが面倒だというかたは大変だと思います。

    続いて、デメリット2つ目です。

    デメリット2.毎日は仕事がもらえないかも

    企業の社員や契約社員であれば、休日などを除いて毎日仕事へ通うことができます。ですが、単発バイトの場合は、日によって求人数が変わってくるため仕事が安定せず、毎日は仕事がもらえない可能性があります。自由な暮らしができるのがメリットなのに、仕事をしたい日に仕事ができないというのは辛いですね。

    次に、デメリット3つ目をご紹介します!

    デメリット3.平日は案件数が少ない

    土曜日や日曜日といった休日は、平日に働いている人の休日でもあります。そのため、企業は平日よりも人手が足りなくなる一般的な休日に求人を出すことが多いようです。短期契約や長期契約であれば、一般的な会社員と同じ平日で働くことが多いためと特に問題はおこりません。しかし、単発バイトの場合は、あらかじめシフトは決まっていません。

    求人が多くなる休日の案件を取ることがどうしても多くなってしまいます。そのため、平日に働きたいという方にとっては、平日は単発バイトの案件数が少ないため苦しいと思います。

    最後に、デメリット4つ目のご紹介となります。

    デメリット4.スキルアップはあまり期待できない

    社員や長期の派遣の場合、その仕事場でスキルを伸ばすということが期待できます。一方、いろいろな仕事を体験・経験するのがメリットの単発バイトではありますが、一日やった程度だと個人差はあってもスキルアップは期待できないと思います。強いてスキルアップができる点といえば、初対面の人見知りがあまりなくなることだと思います!

    今回は、単発バイトを募集しているサイトの比較とそもそも単発バイトでお金を稼ぐメリット・デメリットって何なのかを解説してまいりました。最初に、ご紹介した比較の早見表をご利用になるとちょっとだけ便利です!最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました