Wikibooks(ウィキブックス)に信憑性はある?

Wikipedia

    こんにちは!Awaisoraの管理人です。

    インターネット上には、無料教材を提供している『Wikibooks(ウィキブックス)』というサービスがあります。

    このサービスは、電子教科書を探しているかたには最高で、僕も利用しているのですがかなり楽しいです。

    しかし1つ気になる点が、それはWikibooks(ウィキブックス)に書かれている情報に信憑性があるのか?です。

    書かれている情報が嘘の情報だったら、勉強した時間が無駄になってしまいますよね。

    そこで今回は、そんな僕がWikibooks(ウィキブックス)に書かれている情報の信憑性が気になったので、僕なりにいろいろと調べてみました。

    この記事で同じ疑問を持っているかたが、参考になれば幸いです!

    結論:信憑性のあることが多い

    結論からいうと信憑性のある情報が多いです。

    以下では、その2つの理由をご紹介していきます。

    信憑性1:同じウィキメディア財団が運営している

    同じウィキメディア財団が運営しているということは、有名なウィキペディアと同等の信憑性があるということです。

    ウィキペディアの信憑性といえば、誰でも書き込める特性上、参考文献や引用元といったソースに依存しています。

    つまり、同じ財団が運営しているウィキブックスの信憑性は、参考文献や引用元のソースに依存するわけです。

    そこで次の信憑性に移ります。

    信憑性2:参考文献が提示されている

    先ほど信憑性は、参考文献と引用元に依存するといいましたが、Wikibooks(ウィキブックス)はしっかりと参考文献を提示しています。

    参考文献があるということは、その情報は確かなものなので安心して学ぶことができますね。

    たまに参考文献等を書いていない情報も少数ありますが、そういった場合はググって裏を確認すると良いでしょう。

    終わりに:電子教科書として優秀

    今回は、Wikibooks(ウィキブックス)に信憑性はあるのかを解説してきました。

    つまりWikibooks(ウィキブックス)には信憑性があるということになります。

    赤文字等でまだまだ記述されていない情報も多いですが、歴史や数学、化学などの基本項目であれば情報が充実していますね。

    充実度で言えば、電子教科書の中で最高レベルだと思いますし、かつ無料です。

    日々、Wikibooks(ウィキブックス)に情報を記述してくれる有志様たちに本当に感謝ですね。Wikibooks公式サイトへは「Wikibooks」こちらからご移動なれます。

    最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました