やる気を出すための4つの方法【これらを思い出そう!】

感情

こんにちは!Awaisoraの管理人です!

 この記事では、やる気を出すための4つの方法をご紹介していこうと思います!

 この記事を読めば、やる気が出ないときにほぼ強制的にやる気を出すことができ、ことの効率化が図れますよ!

1.行うことに興味を持つ

人間は興味が無いとやる気が出ません。
例えば、「好きな作業と嫌いな作業どちらをやりたいですか」聞かれれば100人中100人が好きな作業の方を選ぶと思います。
そのため、やる気を出したい時は興味を持つために理由を探しましょう!

2.やり始める

やり始めることもやる気を出すには大事なことです。
特にやりたいのにやる気が出ない場合はおそらくやりたいことが重なっている時で、

こういう場合は、やり始めたほうのやる気が上がるので重要性の高い方を先にやり始めると良いでしょう!

3.好きな食べ物を食べる(飲み物を飲む)

好きな食べ物を食べたり飲み物を飲んだりすると体がリフレッシュしてやる気が出てきます。

ストレスはだるさの原因でもあるので美味しいものを食べてストレスを解消しましょう!

4.過ごしやすい環境を作る

気温が熱すぎたり冷たすぎると身体はだるくなります。
なので状況にもよりますが部屋ならエアコンだったり外なら何か身体の温度を調整できるものを用意すると良いです!

例えると汚いところでは食欲が湧かないです。
それと同じで暑かったり寒かったりするとやる気が起こらないです。

なので他にも臭いや景色、部屋の内装なども自分好みに調整できるとやる気スイッチがぐんっ!と入るかも知れませんよ!

5.競争意識を持つ

やる気が出ないときは、その仕事に関わる誰かをイメージして、競争意識を持ちましょう。なぜかというと、競争意識を持つことで、人間の承認欲求が刺激され、その行動を求めるようになるからです。特に対戦ゲームが好きな人は、競争意識がハマりやすいのでおすすめです。なので、なにかやる気が出なくて困っている時は、競争を意識してやる気を引き出してあげましょう。

6.理解できないことを減らす

 理解できないことがあると、そのことに対して全体像を把握することが難しくなります。すると、やる気が落ちてしまいます。これは、なぜかというと、そのことへの期待よりも不安が勝ってしまうからだと私は思います。

 例えば、私はなにか新しいことを始めなければいけないとき、お先真っ暗でなにも見えないととても不安を感じます。

 しかし、その新しいことが把握できて手順の先には、自身にとってのメリットがある、よく見てみたらその手順も難しいものではないとなると、やる気しか湧いてきません。

 これについては、おそらくこの記事をみているあなたも一緒だと思うので、今やっていることやこれからやることの必要性、見通しをよくすると、そのことに対してやる気が湧いてくると思います。

やる気が出ない原因・理由は?

 では、上記のことを試そうとやる気出そうと思っても、身体が動いてくれないときは、どうすればいいのでしょうか?やる気が出ない原因や理由を探すのが、最適だと感じますね。そこで、考えられるのは、以下の2つです。

1.体調が悪い

まず、身体が動かないほどやる気が出ないときには、身体の体調が悪いことが考えられます。身体の体調が悪ければ、動きたくないという気持ちに駆られるのも理解できます。この改善案としては、やはり身体を休ませて疲れを取るのが一番最適でしょう。

もし、休むわけにはいけない状況だったり、休みたくないという心情であるならば、その今の体制で作業ができるように工夫してみるといいと思います。ということで、やる気を出せない理由の1つは、体調が悪いでした。

2.本気で作業をしようとしている

次に、やる気が出ない理由として、考えられるのは、やろうとしている作業に本気で取り組もうとしているです。というのも、人間は、本気で作業をするのにあたり、とてつもない集中力を求められます。集中は、無理して行う行為でもあるので、おそらく、そのことを以前経験したことがあるかたは、潜在的にストレスの貯まることだとわかっているのだと思います。

だから、本気で作業をしようとすると、いつまでたってもやる気が出ずに、日が暮れてしまうのでしょう。これの対策方法としては、本気で作業をしようとせず、気持ち「楽に作業してやる」くらいの気持ちで作業を始めることです。作業を楽観的に考えるように意識すれば、一歩でも前に進むことができます。

 今回は、やる気を出すための4つの方法をご紹介しました!
気になった方法はありましたか?

やる気が出ないなーと思ったらぜひ活用してみて下さい。最後までお読み頂きありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました