容疑者・被疑者・被告人の違い【捜査の状況】

勉強

    こんにちは、Awaisoraです。

    今回は、容疑者・被疑者・被告人の違いをテーブルを用いながら、詳しく解説していきたいと思います。この記事が、これらの違いで悩まれている方の参考になれれば幸いです。

    【違い】警察や検察の捜査の状況

    結論です。容疑者・被疑者・被告人の呼び名は、捜査から刑事裁判終決までの捜査の状況で段階的に変わります。詳しくは、以下のテーブルをご覧ください。

    警察や検察による捜査の状況呼び名身柄状態
    捜査機関に犯罪の疑いをかけられ捜査されている容疑者自由
    逮捕され警察から取り調べを受けている被疑者留置所
    逮捕後に送致されて検察から取り調べを受けている被疑者留置所
    検察に刑事訴訟で起訴されている被告人留置所・拘置所・自由

    以下では、以上の解説をより詳しく解説していきます。「容疑者」とは、警察などの捜査機関に犯罪の疑いをかけられ、捜査の対象になっている者のことをいいます。なお、この呼び名が使われるようになったのは、1989年以降のことで、それより前の時代には、現在の容疑者として扱われる立場の人を、マスメディアが実名で呼び捨てにしていました。しかし、それでは、その者を犯人扱いしているのと等しいという批判から、その者には、○○容疑者と、氏名の後に容疑者という呼び名が使われるようになりました。

    ですので、現在では、マスメディアの報道で容疑者という呼び名が使われるようになりました。ですが、そういった容疑者に対する扱いの改善は、あったものの、メディアなどで「容疑者=犯罪者」のような扱いを情報化が進んだ現在でもしているため、被告人は、無罪判決をされても、その後、社会的な不利益を被ることがあります。

    さて、話は、戻ります。対して、「被疑者」とは、警察や検察などの捜査機関に犯罪の疑いをかけられ逮捕され、捜査の対象となっている者のことをいいます。なので、この段階では、まだ起訴されていないです。なお、被疑者となり、犯罪者として扱われることを不安に思っている方が、いるかも知れませんが、この者は、裁判において有罪を宣告されるまで「無罪の推定」によって、犯罪者として扱われることは、ないので安心して大丈夫ですよ。

    しかし、被疑者は、この場合、さまざまな取り調べを受ける可能性があるので、精神的苦痛を感じる方が多いようです。また、逮捕されると、検察庁に送致(送検)され、その後、検察の判断で勾留される可能性があります。

    最後です。「被告人」とは、検察が被疑者に対して犯罪の疑いが十分であるとして、刑事訴訟で起訴された者のことをいいます。なお、被告人も、被疑者と同様に、裁判において有罪を宣告されるまで「無実の推定」が適用されますので、その間、犯罪者として扱われることはありません。また、メディアなどでは、「被告人」を「被告」と呼ぶこともありますが、被告は民事訴訟や行政事件訴訟で訴えられた者のことなので、刑事訴訟で使用される用語の被告人とは別者です。

    言い換えれば・・・

    つまり、刑事事件では、捜査の状況で呼び名が変化していることがわかりました。呼び名を簡単に整理すると以下になります。

    呼び名意味
    容疑者捜査機関に犯罪の疑いをかけられている者。(メディアなどでは、以下の被疑者と同義に扱われている。理由は後述。)
    被疑者捜査機関に犯罪の疑いをかけられ逮捕され、取り調べを受けている者。
    被告人検察が被疑者に対して犯罪の疑いが十分であるとして、刑事訴訟(そしょう)で起訴(きそ)されている者。

    メディアなどで呼び方が違う理由

    捜査機関の捜査や司法手続き、また法令用語では、被疑者に対して被疑者という呼び名で統一されていますが、メディア等では、被疑者に対して容疑者と呼んでいます。なぜ、メディア等は、被疑者に対して被疑者と呼び名を統一しないのでしょうか。それには、「被疑者」と「被害者」の発音が似ていて、視聴者の聞き間違いが懸念されるという理由があるからです。

    そのため、メディア等では、逮捕されてからも被疑者に対して容疑者という呼び名を使用しています。なお、日本では、出入国管理及び難民認定法違反の疑いで調査される外国人がいますが、その際は、捜査機関でも、容疑者の呼び名が用いられることがあるようです。

    以上、容疑者・被疑者・被告人の違いでした。それぞれ呼び名の違いは、その事件・事故の捜査の状況で決まります。最後までご覧いただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました