デスクトップパソコンとノートパソコンを徹底比較!

パソコン

    僕は、デスクトップパソコンとノートパソコンの両方を利用しています。なので知識はデスクトップとノートの両方です。そんな僕が、今回はデスクトップパソコンとノートパソコンの比較をしていこうと思います!

    デスクトップパソコンとノートパソコンの主な違いは携帯性です!この記事を読めば、デスクトップパソコンとノートパソコンの違いがより詳しく理解できるようになりますよ!

    デスクトップパソコンとノートパソコンの違い早見表

    タイプ 携帯性 拡張性 操作性 性能 設置スペース コストパフォーマンス 災害時 タイプ
    デスクトップパソコン 据え置き 高い 快適 高め 大きい 高め 弱い デスクトップパソコン
    ノートパソコン 持ち運び 低い やや快適 低め コンパクト 低め 強い ノートパソコン
    ※右方向にスライド頂けます

    以下では、上記のデスクトップパソコンとノートパソコンの比較をより詳しく解説していきたいと思います。最初に、デスクトップパソコンとノートパソコンの携帯性の比較についてです。

    携帯性の比較

    デスクトップパソコンとノートパソコンの携帯性図

    そもそも、デスクトップパソコンとノートパソコンは、それぞれ開発目的が違います。

    タイプ開発目的
    デスクトップパソコン据え置き用
    ノートパソコン持ち運び重視

    デスクトップパソコンの場合は、据え置きで使う設計で、ノートパソコンの場合は、持ち運び重視の設計で作られています。

    喫茶店などでノートパソコンを使っている人はよくいますが、デスクトップパソコンを使っているという人は中々見ませんよね!

    このように、デスクトップパソコンとノートパソコンの違いには携帯性が1つ挙げられます。

    拡張性の比較

    拡張性 比較

    デスクトップパソコンとノートパソコンは拡張性(カスタマイズ)が違います。拡張性というのは、標準装備のマシン(HDDやメモリなど)の性能を自分で色々設計できる度合いのことをいいます。

    一般的にノートパソコンは、できるだけコンパクトに設計されることが多いので、追加で性能を上げることが難しいです。そのためノートパソコンは拡張性が低いです。

    逆にデスクトップパソコンの場合は、四角い箱状の中にマシンが格納されており、空間に余裕があるため拡張性が高いです。例えば、小さいコップでは注いだ水が溢れても大きいコップでは溢れないということがありますよね。

    まさにデスクトップパソコンとノートパソコンの違いにはこの拡張性の違いがあります。余談ですが、拡張性の高いといったデスクトップパソコンにも、種類によって拡張性の低くなる型の種類があります。

    デスクトップパソコンの型の種類拡張性
    タワー型
    コンパクト型
    一体型

    デスクトップパソコンにはタワー型とコンパクト型、それから一体型と呼ばれる型の種類があります。タワー型は、一般的なデスクトップパソコンで縦に長い形をしています。

    コンパクト型は、両手より少し大きいサイズのことです。一体型は、ディスプレイ自体にマシンが一体している型のことです!以上、余談でした。

    性能の比較

    性能 パソコン 比較

    デスクトップパソコンは基本的にノートパソコンより性能がいいです。理由は、マシンの性能がいいからです。ちなみにマシンの性能は大体マシンの大きさで決まります。

    スマホでも端末の小さい型より大きい型の方が容量やメモリなどの性能がいいですよね。このように、デスクトップパソコンとノートパソコンには性能の差があります。

    以上、デスクトップパソコンとノートパソコンの比較でした。

    今回は、デスクトップパソコンとノートパソコンの徹底比較をしてまいりました!違いについてはご理解いただけましたでしょうか?どちらかの購入を考えているかたは、使い道に合わせて検討したほうがいいですよ!

    ブログのような比較的軽い作業をやるだけの人は、持ち運びの簡単なノートパソコンが僕のおすすめです!最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました