FX(外国為替証拠金取引)とは?簡単に解説!

ネット証券

こんにちは!金融商品が大好きなAwaisoraの管理人です!

FXとは、簡単に説明をすると、外国(又は国内)通貨を買ったり、売ったりした時に発生する差額を利益にするための取引のことです。

また、FXは、『Foreign eXchange』の「Foreign」の頭文字と、「eXchange」の2文字目を取った略称です。日本語では、『外国為替証拠金取引』と呼ばれています。

今回は、この簡単でわかりやすいFX(外国為替証拠金取引)の説明を、更に詳しく金融商品が大好きな私が解説をしていこうと思います!

補足:ちなみに上で説明した内容がFXの全てです。以下では、FXについてより理解が深まる例や、用語の説明などをご紹介していきます。

外国(又は国内)通貨を買ったり、売ったりした時に発生する差額を利益にするための取引

FX(外国為替証拠金取引)の説明で、「外国(又は国内)通貨を買ったり、売ったりした時に発生する差額を利益にするための取引」と記述しました。

ですが知識の違いなどで、この説明では理解が出来ない方もいらっしゃると思います。なので、この説明をより詳しく解説していきます。

例えば…

あなたは為替レートをご存じでしょうか?為替レートは、例えば、アメリカに旅行に行く際、日本に住んでいるかたは日本円をアメリカの通貨に交換しますよね。で、その際に、いくらで交換できるのかというのが為替レートとなります。

具体例を出すと、「今月の1日は日本円で100円をアメリカの通貨100ドルに交換ができた!」や「今月の2日は日本円で100円をアメリカの通貨200ドルに交換できた!」などです。

この場合の為替レートは、1日では「100円=100ドル」、2日では「100円=200ドル」ということになります。

100円=100ドルで交換するより、100円で200ドルを買えたら、100ドルお得ですよね。

で、この差益を目的に取引するのがFX(外国為替証拠金取引)といいます!

余談ですが、為替レートは、国のGDPなどで常時変わっているので、そこに戦略性が生まれてくるわけです。

考察:なぜFXの略称に「eXchange」の2文字目「X」が採用されたか

ネタです…笑。どうでもいいことですが、なぜFXの略称に「eXchange」2文字目の「X」が採用されたかを考察してみました!

FEよりFXの方が格好いいから

個人的な感想ですが、アルファベットはEよりXの方が格好いいです。

これはなぜかと思い考えました。

理由:Xはカッコよく使われる

例えば、iPhoneXといったガジェットや、ゲームのシリーズのXは、毎回特別なイベントがある時に利用されます。

なので、私の頭にはXは特別→特別はカッコイイという思考回路が出来上がります。

つまり「Xはカッコイイ!」となるんですね。

はいそういう事なんです。なので「eXchange」の2文字目に「X」を採用したかたは、私と同じ感覚かも知れませんね。

最後に

今回は、FX(外国為替証拠金取引)について、簡単に解説をしました!FXについてご理解いただけましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました