【知らなきゃ恐い?】犬に与える猫草の適量

秋田犬 猫草
    秋田犬

    こんにちは、Awaisoraの管理人です。

    犬に猫草を与えるとき、「犬に猫草を与えている際、どれくらいの量を与えればいいのか」、「犬に猫草を与えても吐かない量を知りたい」など、「犬に多くの量の猫草を与えすぎて、病気にならないか心配」「犬は愛してるけど、生活物に嘔吐されたくない」など、犬に猫草を与えるときの量問題は、人間にとっていろいろな不安をかきたされますよね。

    そこで今回は、そんな犬の行動に不安を抱いている方向けに、犬に与える猫草の適量と犬が猫草を食べて、吐かないための量について紹介して参ります。まずは、犬に与える猫草の適量についてのご紹介です。

    犬に与える猫草の量は「好きなだけ」

    犬に与える猫草の適量は「好きなだけ」です。というのも、犬に猫草を与えても特に問題はないからです。ただ、外に自生・植えられている植物などは、有害な寄生虫・虫がくっついている可能性があるので、ついていないか確認してから与えてあげるようにしましょう。

    また、犬に猫草を好きなだけ食べさせると、そのぶん猫草の尖った部分が、胃や食道を刺激して、嘔吐してしまう可能性が高くなります。特に、室内で飼っている犬の場合、家に帰宅してから吐いて、家具やクッション、床などを汚してしまうことがあります。

    中には、「家具やクッション、床などを犬の吐瀉物で汚したくない」という方もいらっしゃいますよね。そこで、次に、犬に嘔吐させたくない場合、どれくらいの量の猫草を与えればいいのか、紹介していきます。

    犬に嘔吐させたくない場合、猫草は「少量」

    犬の嘔吐は、室内犬なら吐瀉物で家を汚す可能性があったり、喉をつまらせる原因にもなります。そして、その嘔吐の要因ともなる猫草。では、そのような、お悩みをパスして犬に猫草を与えるにはどうすればいいのかというと、

    犬に嘔吐させたくない場合は、猫草は「少量」あたえてあげてください。なお、少量の目安としては、2口3口ほどです。

    今回は、犬に与える猫草の適量と犬が猫草を食べて、吐かないための量について紹介して参りました。これらについて、お知りにならないと、犬に猫草を与えた際なにかしらの問題が発生するかも知れません。最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました