ジャパンネット銀行を利用するメリットとデメリットを解説!

ネット銀行

今回は節約が大好きな私がジャパンネット銀行を利用するメリットとデメリットについて解説していきます!

ジャパンネット銀行とは?
ジャパンネット銀行では2種類のデビットカード『ベーシックカード』と『ファミマTカード』、また2種類のクレジットカード『JNB VISAカード』と『JNB JCBカード』を発行できます。他にNISAの投資信託や、外貨預金、外国為替証拠金取引(FX)などの投資関連にも強いです。ふるさと納税も取り扱っています。円普通預金金利は最大0.015%で円定期預金金利は最大0.03%です!

ジャパンネット銀行を利用するメリット

提携コンビニ・銀行ATMで24時間365日いつでも取引できる

提携コンビニ・銀行ATMで24時間365日いつでも取引できます。提携ATMはセブン銀行ATM、三井住友銀行、イーネット、ローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行があります!

スマホ決済に対応している

PayPay、LINE Pay、メルペイに対応しています。簡単に残高のチャージが出来ますよ!

ジャパンネット銀行を利用するデメリット

振込手数料の無料回数が無い

ジャパンネット銀行では他行への振込手数料の無料回数がありません。他行への振り込みには最大270円かかります!

最後に

ご覧頂きありがとうございました!

ジャパンネット銀行公式ホームページはこちらから!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました