ポイントサイトの安全性と危険性を徹底検証!

ポイントサイト

    こんにちは!Awaisoraの管理人です。

    今回は「ポイントサイトに会員登録して大丈夫?」や「ポイントはしっかり交換できるのか」といった疑問と注意するべきところなど、10サイト以上のポイントサイトに登録している私がポイントサイトの安全性と危険性について検証していきます。

    ポイントサイトに会員登録して大丈夫?

    結論から言えば、「しっかりとそのサイトの安全性を調べれば大丈夫です」。というと、少し不安を煽りすぎてしまう気がしますが、中には本当にごく少数悪質なポイントサイトがあるので調べておきましょう。例えば、広告と案件がめちゃくちゃ似ていて誤登録を促す仕組みなどです。僕も昔騙されそうになって少し冷や汗をかきました。さて以下では調べる方法として僕がおすすめなプライバシーマークをご紹介します。

    プライバシーマークとは

    ポイントサイトの会員登録には、少なからずメールアドレスなどの個人情報の入力が必要になります。しかし、まだそのポイントサイトを知ったばかりで、そんなよくわからないサイトに個人情報を教えるのが「不安」という方もいるでしょう。そんな時は、そのサイトにプライバシーマークがついているかついていないかを確認しましょう。

    プライバシーマークとは、その提示している企業が「プライバシーを保護している証明」のようなものです。ポイントサイト玄人の人は、このプライバシーマークがあるかないかで、そのポイントサイトが安全か危険かを判断することがあります。発行元は一般財団法人日本情報経済社会推進協会で、現在数多くの企業がプライバシー安全のアピールなどのために取得されていますよ!

    プライバシーマークが提示されている場所

    大体の場合は、サイトのフッター部分(下の方)やメニュー、プライバシー保護画面に表示されていることが多いので、気になるかたはそのポイントサイトがプライバシーマークを取得しているかチェックしてみましょう。ただし、一概にプライバシーマークが提示されていないからと切り捨てるのは、少しポイントサイトが可哀そうですね。

    というのも、プライバシーマークを取得するには、企業側は審査というものに合格しなければならず、審査に合格するには厳しい審査に加え、おおよそ半年以上の期間がかかります。ですので、ポイントサイトを利用する際は、プライバシーマークを確認して、プライバシーマークがなければ口コミなどを確認して口コミも悪ければ切り捨てるという判断がいいですね。

    ポイントはしっかり交換できる?

    ポイントサイトのサービスは、貯めたポイントを「交換」できるから人気があります。なので、ポイントを貯められるだけで、ポイントの交換できないポイントサイトは利用者にとって利用する価値はなくなりますし、そもそもそういったサイトは、一番大事な「交換」の部分が無いのでポイントサイトとは呼べません。

    それに交換条件に乗っ取り申請しているのにも関わらず交換ができないようなサイトは、噂が広がって利用者はいなくなるはずなので、おそらくそういった詐欺サイトを発見する方が難しいのではないでしょうか。しかし、それでもポイント交換の信頼性が気になるかたは、運営歴や登録数をチェックすることをおすすめします。

    なぜなら、運営歴や登録数は信頼性の写し鏡のようなもので運営歴や登録数が大きければ、それだけ信頼性のあるポイントサイトだとわかります。なので、確実に安全なポイントサイトを利用したい方は、そのサイトの運営歴や登録数を確認しましょう。もし運営歴や登録数が確認できない場合は、他のポイントサイトを選んだ方が安全面で間違いのない選択をできますよ。

    悪質なポイントサイトのここに注意!

    ポイントサイトではサイト内に関係のない広告が貼られていることがあります。この広告はガチャのようなポイントサイトと似たようなコンテンツなので、

    興味のあるかたは問題ないですが、興味のないかたは見た目で騙され間違えてクリックしないように気を付けましょう!

    以上、ポイントサイトの安全性と危険性を徹底検証でした!ポイントサイトが安全かどうかの基準は登録数や運営歴、そしてプライバシーマークで簡単な判断ができます。広告の出し方が意地悪いサイトには安全のために注意してください!

    最後までご覧いただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました