楽天銀行デビットカード(JCB)を使うメリットとデメリットを紹介!

デビットカード

    こんにちは!Awaisoraの管理人です!

    今回は、楽天銀行デビットカードを頻繁に利用している私が、楽天銀行デビットカード(JCB)を使うメリットとデメリットをご紹介していこうと思います。楽天銀行デビットカード(JCB)の主なメリットは、ポイントの還元率が1%なところです。逆にデメリットは、還元率が最初から最後まで1%固定なところです。

    以下では、これらの楽天銀行デビットカード(JCB)メリット・デメリットをより具体的に紹介していきたいと思います。

    この記事を読むのがおすすめの人

    • 楽天銀行デビットカード(JCB)について知りたい
    • メリットとデメリットが知りたい
    • デビットカード選びで悩んでいる
    楽天銀行デビットカード(JCB)とは?
    楽天デビットカード(JCB)は楽天銀行株式会社が提供しているデビットカードです。
    申し込み対象者は「16歳以上の方で楽天銀行に個人普通預金口座を持っている方」となっています。
    年会費を含めその他発行手数料なども永年無料です。
    ポイントバックの還元率は100円の利用で楽天スーパーポイントが1ポイント貰えるので1%となっています。
    デザインは通常のシルバーとお買い物パンダが印刷されたデザインの2種類で、国際ブランドはJCBです。

    楽天銀行公式サイトはこちらから!

    楽天銀行デビットカード(JCB)を利用するデメリット

    楽天銀行デビットカード(JCB)を利用するデメリットは、以下の2点です。

    1. 還元率は最初から最後まで1%固定
    2. 加盟店以外では利用できない

    以下では、より具体的にこのデメリット2点を解説していきます。

    1.還元率は最初から最後まで1%固定

    楽天銀行デビットカード(JCB)は、ポイントの還元率が最初から最後まで1%固定です。
    なぜこれがデメリットなのかというと、他にも利用額などに応じて還元率が1%以上になるカードが存在するからです。

    あおぞらネット銀行のデビットカードを例に出すと、利用開始の時点では0.6%ですが、最大で1.5%まで上がります。
    このように還元率が最初から最後まで1%固定なのが楽天デビットカード(JCB)のデメリットと言えます。

    2.加盟店以外では利用できない

    国際ブランドの加盟店以外ではJCBデビットカードを利用することができません。
    例えば国際ブランドのJCB加盟店は日本国内にはたくさんありますが、海外では少し加盟店が少なめです。

    そういった海外で多く利用する人にはもう一つ楽天銀行には海外に強いVISAの国際ブランドがあるのでそちらがおすすめです!

    楽天銀行デビットカード(JCB)を利用するメリット

    楽天デビットカード(JCB)を利用するメリットは、以下の2点です。

    1. 楽天スーパーポイントの還元率が1%
    2. 海外のATMで現地通貨を引き出せる

    以下では、より具体的にこのメリット2点を解説していきます。

    1.楽天スーパーポイントの還元率が1%

    楽天銀行デビットカードでは100円の利用で楽天スーパーポイントが1ポイント、ポイントバックされます。
    楽天スーパーポイントは1ポイント=1円相当として、日々の買い物などに使うことができます。

    ポイント還元率はデビットカードの中ではトップクラスに高いのでかなりお得です!

    2.海外のATMで現地通貨を引き出せる

    これは楽天銀行デビットカード(JCB)に限ったことではないのですが、海外に行ったときATMで日本円の預金から現地通貨を引き出すことができます。
    ただし手数料がかかるので注意が必要です。

    手数料に関してはデビットカードの種類で高い安いがあるので注目しましょう。
    ちなみに楽天銀行デビットカードの手数料は無料です!

    最後に

    今回は、楽天銀行デビットカード(JCB)を使うメリットとデメリットをご紹介しました!
    いかがでしたでしょうか?

    デビットカードはこの他にもたくさんの種類があるので、自分に合ったデビットカードを見つけてみて下さいね!最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました