日焼け止めとは日焼けなどを予防するための製品

紫外線01 美容
紫外線

今回は、日焼け止めとはなにかについての解説と日焼け止めの種類の分類をご紹介していきます。日焼け止めについてお学びになると、ご自身の健康管理やその他の人の健康管理に役立ちます。まずは、日焼け止めとはなにかについての解説です。

日焼け止めとは日焼けなどを予防するための製品

日焼け止め

日焼け止め(サンスクリーン剤)とは、紫外線下でおきる日焼けや皮膚の光老化を予防するため、皮膚に当たる紫外線を防御する効果を付与させた製品のことです。

皮膚の弱い方が日焼け止めをお使いになると肌荒れを発症してしまうことが日焼け止めを使用する上でのデメリットです。

続いて、日焼け止めの性能による種類の分類をご紹介していきます。

日焼け止めの種類の分類

種類

日焼け止めには、複数の種類の分類があります。ここでは、その日焼け止めの種類の分類についてご紹介していきます。まずは、日焼け止めの機能による種類の分類のご紹介です。

日焼け止めの機能による6種類の分類

クリーム型
スプレー型
ローション型
リップ型
ジェル型
パウダー型

以上の6種類は日焼け止めの機能別の分類です。消費者のニーズに合った形態で日焼け止めを使用することができます。

続いて、日焼け止めの性能による種類の分類のご紹介です。

日焼け止めの性能による2つの指標の分類

  1. SPA
  2. PA

以上の2つは、日焼け止めの性能を消費者に示す指標です。SPAとPAとはなにかについての詳細は「日焼け止めのSPAとPAとは」をご覧ください。

以上で日焼け止めの種類の分類のご紹介は終了です。

今回は、日焼け止めとはなにかについての解説と日焼け止めの種類の分類をご紹介していきます。日焼け止めとは日焼けなどを予防するための製品です。最後までご覧頂きありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました