会社形態とは?会社法で定められた会社の形のこと

会社形態 会社
会社形態

こんにちは。この記事では、「会社形態とは何か」と「会社形態の種類」、「会社設立におすすめの会社形態」のご紹介をしていきます。この記事をご覧になると、会社を設立するときに適切でお得な会社形態をご選択、または知り合いにお進めになれると思います。まずは、会社形態とは何かの解説です。

会社形態とは会社法で定められた会社の形のこと

会社形態

会社形態とは会社法で定められた会社の形のことです。世界各国で産業発展のため、さまざまな会社形態がうまれました。今日では会社形態の種類が整理されてきている傾向があります。

続いては、日本でのその会社形態の種類をご紹介していきます。

日本の会社形態の4つの種類

種類
  1. かぶしきがいしゃ
  2. ごうどうがいしゃ
  3. ごうめいがいしゃ
  4. ごうがいしゃ

会社形態の種類の詳細は「現在における日本の会社形態は4種類!それぞれ解説」をご覧ください。

会社設立におすすめの会社形態

おすすめ

以下では、会社形態を比較して会社設立の目的にあったおすすめの会社形態をご紹介していきます。まずは、資金調達を優先したい場合におすすめの会社形態の紹介です。

資金調達を優先したいなら株式会社

株式会社を設立するとなると、登録免許税(15万円)と定款承認(5万円)で、設立費用だけで20万円もの費用が掛かります。他の会社形態と比較すると設立費用は高いです。しかし、株式会社は多額の資金調達を行える性質を持っています。そのため、何が何でも資金調達を優先したいなら株式会社の設立がおすすめです。

続いて、資金調達をする予定がなく、費用と手続きの多さを抑えたい場合におすすめの会社形態の紹介です。

資金調達をする予定がなく費用と手続きの多さを抑えたいなら合同会社

合同会社は、株式会社と違い多額の資金調達には向きません。しかし、設立費用は、登録免許税6万円のみで設立可能です。さらに、手続きも株式会社と比較して、登記に必要な書類も少ないため、早く簡単に設立できます。

今回は、「会社形態とは何か」と「会社形態の種類」、「会社設立におすすめの会社形態」のご紹介をしていきました。最後にまとめとして、会社形態とは何かをご確認なさりましょう。会社形態とは、会社法で定められた会社の形のことです。最後までご覧頂きありがとうございました!

ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました