1記事1キーワードについて例えば…これ!【必見】

ブログ

    こんにちは!SEOアドバイザーのAwaisoraの管理人です!

    SEO界隈では、よく1記事1キーワードとささやかれていますが、でもいまいち1記事1キーワードの説明ばかりで具体的な意味がわからにというかたも多いのではないでしょうか。

    私自身も「1キーワードの適用範囲は何だ!」と悩んだ時期もありました。

    1記事1キーワードとは、例えばこの記事のタイトルを例に出すと『1記事1キーワード 例えば』の複合キーワード、または「1記事1キーワード」といった1単語キーワードのことをいいます。

    おそらくこの説明だけで理解するのは難しいと思うので、

    今回はそんな1記事1キーワード具体的なまとまりを、例えば…何々で解説していこうと思います!

    複合キーワードは検索エンジンに1キーワードと判断される

    例えば、「空 青い」と「空 天気」という検索ワードがあった場合、空というワードはかぶっていますが1キーワードとして検索エンジンに判断されます。

    それはなぜかというとそれぞれ検索の目的が違うからです。

    「空 青い」のキーワードはおそらく青い空の画像が見たい人のキーワードで「空 天気」のキーワードは天気予報などを見たい人が入力するキーワードです。

    他にも例を出すと、「焼肉 食べたい 作り方」と「焼肉 食べたい おすすめ」でも検索の意図がそれぞれ違うとGoogle検索アルゴリズムで判断しているので、1つ1つが1キーワードとして認識されています。

    では逆にこっちの例ではどうでしょう。「漫画 おすすめ 」「漫画 おすすめ」「漫画 おすすめ」このようなキーワードを狙った記事が1サイト内に多数ある場合は頑張っても、検索エンジンに類似コンテンツと判断されるため1記事しか上位表示されません。

    こういった場合は類似コンテンツの内容を1記事にまとめるとGoogleの検索エンジンに評価されやすくなります。

    このように、キーワードが被っていたら1記事1キーワードと認識されるのではなくて、それぞれの複合キーワードの単語が少し違えば1キーワードとして検索エンジンに認識されるのです!

    最後に

    今回はGoogleの検索エンジンの1記事1キーワードって何!?例えば…についてお話しました!

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました