アクセストレードのデメリットとメリット!【金融案件多め】

アフィリエイト

    こんにちは、Awaisora管理人です。

    僕は半年ほど前からアクセストレードを利用しています。

    それだけ利用していると、そろそろアクセストレードについて詳しくなってきたので、

    今回は、そんな僕がアクセストレード初心者に向けて、アクセストレードのデメリットとメリットを解説していきたいと思います。

    初心者のかたには、始めるか始めないのかの基準になるのではないかと思いますよ。

    アクセストレードのデメリットは2つ

    最初にデメリットを2つご紹介します。

    1.審査がある?

    僕個人的にアクセストレードは、ASPサイトでおそらく3つ目の登録だったというのもあり、審査にデメリットを感じたことはないですが…

    もし初めてのASPサイトの登録がアクセストレードだった場合、「デメリットなのかなー」と考えます。

    僕の場合は登録した頃、質の低めな記事を20記事くらいは書いていて審査に受かったので、何とも言えないですが、口コミでは、審査が比較的厳しいという声をよく聞きます。

    なので、審査とか面倒くさくて、とにかく登録だけでもしたいかたは、基本誰でも受かるASPサイトの『A8.net』とかがおすすめですね。

    2.報酬単価が低め

    報酬単価とは、紹介した広告が成果に繋がった時にもらえるお金の額のことです。

    すべてを調べたわけではないので確実ではないですが、少なくとも僕が調べた中では、A8.netと比較すると大体報酬単価が低いです。

    ですがその分、アクセストレードには特別単価という制度(A8.netにもあります)があって、アフィリエイト上位プレイヤーは、報酬額があがることもありますね。

    アクセストレードのメリットは4つ

    次にアクセストレードのメリットを4つご紹介します。

    1.バナーを貼るだけで成果報酬が貰える案件がある

    アフィリエイト初心者にとっては、バナーを貼るだけで成果報酬が貰えるのは嬉しいはずです。

    僕も初めて知った時は、食い気味でした。

    ですが、そういった案件は、単価が安い・少なく・しかも人気なのですぐに終わってしまうので、リサーチ能力が大切ですね。

    アフィリエイター上級者になると、PV数も増え、そういった案件よりも普通の案件が稼げるようになります。

    2.金融やアプリ系の案件が多い

    僕は金融系やアプリ系の記事もよく書くのでわかるのですが、結構他のASPサイトには無い案件が金融やアプリ系に多いです。

    しかも金融やアプリというのは、アフィリエイトのジャンルとしておすすめの部類です。

    なぜかというと、金融のサービスは大金が動きやすく、アプリはインストールだけといった敷居がとても低い案件が多いからです。

    こういった少し尖った特徴があるのは、わかりやすくて良いですね。

    3.ATステージが面白い

    アクセストレードには、ATステージというビギナーからレジェンドまでの7つステージと、ステージの上昇に合わせてステージ特典が増えていく制度があります。

    例えば、『ビギナー』では3つのステージ特典だけですが、6つ上の最高ステージ『レジェンド』に上がれば、11つものステージ特典の獲得が可能です。

    個人的には、こういったステージとかランクといった制度があると面白いので、好きです。

    4.自己アフィリエイトができる

    自己アフィリエイトとは、狭い範囲で言えば僕たちブログやサイトなどのメディアが、今後紹介するであろう広告商品を自分で購入・登録などをして成果報酬をもらうことをいいます。

    僕が自己アフィリエイトをはじめて知ったのは、他の有名ASPサイト『A8.net』を利用し始めたころですが、「知らないところでこんなお得なサービスがあるのか」とかなり驚いたのを思い出しますね。

    成果報酬の分、安く商品を購入できる

    自己アフィリエイトの一番のメリットはこれです。

    例えば、1,000円の商品があったとして、その成果報酬が500円なら、実質1,000円の商品を500円で買えています。

    中には100%還元といって、1,000円の商品を購入して1,000円成果報酬をもらえる、実質無料の商品やサービスもありますね。

    このように自己アフィリエイトを利用すれば、定価より安く商品を購入できて、広告報酬の単価次第では実質無料で手に入れることもあります。

    なので安く商品を手に入れる方法として、アクセストレードを利用することもできるということですね。

    自己アフィリエイトができないASPサイトもある

    僕はアクセストレード以外にも、色々なASPサイトに登録していますが、自己アフィリエイトができないASPサイトもあります。

    なのでそういった相対的な面でも、メリットになっていると思います。

    アフィバックモールでできる

    ここまで聞いてきた方の中には、自己アフィリエイトは一体どこでできるのかが、気になる方もいると思います。

    アクセストレードでは、この自己アフィリエイトができる場所をアフィバックモールと名付けており、アクセストレードサイト内各所にリンクされているバナーやテキストリンクなどから、そのページに移動することができますよ。

    なので、アクセストレードで自己アフィリエイトをしたいと思ったら、アフィバックモールを思い出しましょう。

    終わりに:会員登録は無料

    今回は、アクセストレードのデメリットとメリットをご紹介していきました。

    軽くデメリットとメリットをまとめると、

    デメリット

    • 審査がある?
    • 報酬単価が低め

    メリット

    • バナーを貼るだけで成果報酬が貰える案件がある
    • 金融やアプリ系の案件が多い
    • ATステージが面白い
    • 自己アフィリエイトができる

    以上になります。

    アクセストレードの会員登録は無料なので、登録してみたいかたは、こちらアクセストレードからどうぞ。

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました