WordPressにおすすめの最速レンタルサーバー3つ!

ブログ

    こんにちは!Awaisoraの管理人です。

    ブログやサイトを個人で運営するとき、役に立つのがレンタルサーバーです。

    その需要からレンタルサーバーは世の中にたくさんあり、特化したレンタルサーバーも数多く見られます。しかし、その数の多さから目的のレンタルサーバーを見つけるのは、大変困難です。

    そこで今回は、レンタルサーバーに詳しい僕が、初心者向けに最速でWordPressが使えるおすすめのレンタルサーバーを3つ比較していこうと思います!

    この記事がレンタルサーバー選びの参考になれば幸いです。

    XSERVER/エックスサーバー

    エックスサーバー は運用サイト160万件を突破した大人気レンタルサーバーです。大人気の理由の1つは大量アクセスに強く、アクセスが増えてもレンタルサーバーを変えずにずっと使っていけるからです。エックスサーバーには『X10』『X20』『X30』と3つのプランがあり、数字が大きいプランほど全体の性能が良くなります。またエックスサーバーは当ブログでもアクセスが増えることを夢見て使わせて貰っています。(笑)

    月額料金(契約期間が3ヶ月の場合)

    月額料金はプランによっても違いますが契約期間によっても変わってきます。基本的に契約期間は長いほど月額料金が安くなり、短いほど高くなり、今回紹介するのは最も短い3ヶ月契約です。また月額料金の他に初期費用というものがあり、これはエックスサーバー を初めて利用する人が払わなければいけない費用で、初めて利用する方は知っておきましょう!

    X10X20X30
    1,200円(税抜)2,400円(税抜)4,800円(税抜)

    使える容量

    使える容量とはウェブやメールに使えるディスク容量のことで、容量が足りなくなったらプランのグレードを上げるしかありません。また容量は他社のレンタルサーバーと比較すると、価格の割には使える容量が多いです。

    X10200GB
    X20300GB
    X30400GB

    転送量制限

    転送量とはサーバーとブラウザ間の送受信量のことで自分や第三者の利用を含みます。エックスサーバー は転送量課金が3つのすべてのプランで無しとなっていますが、一応目安はあるみたいでその転送量を超えると速度制限が起こり恒常的に転送量の目安を超える場合はプランのグレードをあげるように勧められます。

    転送量の目安

    X10X20X30
    70GB/日90GB/日100GB/日

    WordPress簡単インストールを利用して楽々スタート

    一昔前は、WordPressをインストールするのもパソコン初心者にとってとても大変な問題でした。

    ですが、そういった問題もWordPressに対応したエックスサーバーを使えば、環境構築やインストールすべてを自動で行ってくれるので楽々スタートができます。

    環境構築がわかなかったり、いろいろな手順が多くて始める前に挫折してしまう初心者も多くいるので、これはエックスサーバーを利用する大きなメリットですね。

    こんな人におすすめ

    『レンタルサーバーのことよくわからないけど将来的にあまり後悔したくない人』や『人気のレンタルサーバーを使いたい人』、そして『コスパができる限り良いやつを選びたい人』などはエックスサーバーをおすすめします。

    LOLIPOP/ロリポップ

    ロリポップ! はこれまでに170万人以上が使っている、エックスサーバーとならんで人気のあるレンタルサーバーです。人気の理由の1つはコストパフォーマンスが高く、安くて優れた機能を使え初心者にとって嬉しい特徴を持っているからです。

    ただロリポップは一番月額料金の安いエコノミークラスだとWordPressが使えないので注意してください。またプランは4つあり先ほど紹介した『エコノミー』と『ライト』、『スタンダード』、『エンタープライズ』があります。スタンダードが一番人気でコスパがとても良いです。

    月額料金(1・3ヶ月契約)

    月額料金はエックスサーバーと同様、プランと契約期間によって変わります。今回は最も短い1・3ヶ月の契約期間の月額料金を紹介します。またロリポップも初期費用がかかりイベントをやっていない限りは『エンタープライズ』は3,000円、そのほかは一律1,500円の初期費用がかかります。

    エコノミーライトスタンダードエンタープライズ
    100円(税抜)300円(税抜)600円(税抜)2,300円(税抜)

    使える容量

    使える容量は月額料金の安さのわりに多くスタンダードでも十分な量の容量があります。

    エコノミーライトスタンダードエンタープライズ
    10GB50GB120GB400GB

    転送量制限

    ロリポップには転送量制限があり、プランによって決められた転送量に近づくと速度制限が起こります。ですがエックスサーバーの転送量目安と比較してもロリポップのスタンダードクラスの転送量制限のほうが大きいのでそんなに気にしなくても大丈夫だと思います。

    エコノミーライトスタンダードエンタープライズ
    40GB/日60GB/日100GB/日無制限

    こんな人におすすめ

    ロリポップの特徴として安さのコスパの良さがあるので『安くて機能が十分なレンタルサーバーを探している人』、『軽めなサイトやブログを作りたい人』、『試しにWordPressを使ってみたい人』などにおすすめします。

    さくら

    さくらのレンタルサーバ は1996年の提供開始から利用件数が44万件突破したレンタルサーバーです。エックスサーバーやロリポップと比べると利用件数は少ないですが、44万件は東京都の品川区の人口より多いです。

    またさくらもロリポップと同様コスパが良く安い月額料金でブログや簡単にWordPressを使うことが出来ます。プランはとても多く合計で6つのプランがあり、月額料金の幅も幅広いです。※ライトプランはWordPressが使えないので注意してください。

    月額料金(月払い)

    月額料金で他のレンタルサーバーと違うのは契約期間ではなく年間一括という払いかたがあることです。年間一括払いにすると月払いよりもほとんどのプランにおいて、およそ2ヶ月分お得になりとてもお得です。

    また他のレンタルサーバーと同じ様に初期費用があり1,029円からかかります。今回は月払いの月額料金の紹介です。※ライトプランは年間一活払い限定なので気を付けましょう。

    ライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージドサーバ
    129円(税込)515円(税込)1,543円(税込)2,571円(税込)4,628円(税込)12,960~円(税込)

    使える容量

    スタンダードの容量はロリポップより若干劣りますが、拡張性が高く容量が足りなくなればすぐにプランを変えることができます。拡張性が高いのでゲーム感覚でプラン選びができるのもポイントです。

    ライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージドサーバ
    10GB100GB200GB300GB500GB700GB

    転送量制限

    転送量制限は他のレンタルサーバー同様あまり気にしなくてもよいですが、スタンダードも80GBと十分にあります。ビジネスプロでは200GBでもはや敵なし状態です!

    ライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージドサーバ
    40GB/日80GB/日120GB/日160GB/日200GB/日200GB/日

    こんな人におすすめ

    さくらはプランが多くあり容量が足りなくなったらプランを上げることで大体解決します。エックスサーバーの最大容量が400GBなのに対し、さくらではマネージドサーバというプランでサーバーを丸ごと借りられ最大容量は700GBです。

    このことから『プランを段階的にあげたい人』や『必要に応じて機能を拡張したい人』、『またそれらと同時にコスパを望む人』などがおすすめです。

    まとめ:快適なレンタルサーバーを

    今回は、WordPressにおすすめの最速レンタルサーバー3つをご紹介しました。

    高速でアクセスに強い安定したサーバーがいいならエックスサーバー 、安くてそれなりに機能してくれるサーバーならロリポップ! 、拡張性とある程度のコスパを求めるならさくらのレンタルサーバ です。

    自分に合ったレンタルサーバーを選んでストレスのないデスクワークを楽しみましょう!

    最後までご覧いただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました