6W2Hとは?わかりやすく解説【例付き!】

ブログ

    こんにちは!Awaisoraの管理人です。

    僕はブログを書くときに、必ず6W2Hを意識するようにしています。

    なぜかと言うと、6W2Hを意識することでユーザーの方に、僕の伝えたいことをわかりやすく簡単に解説できるからです。

    そして今回はそんな僕が、この6W2H初心者の方へ向けて、6W2Hとはなにかわかりやすく解説していこうと思います!

    ブログや文章を書く人は、一度勉強しておいても損はないと思いますよ!

    この記事を読むのがおすすめの人

    • 6W2Hについて知りたい
    • 伝わる文章を書きたい
    • 作業を簡略化したい

    6W2Hとは?

    6W2Hは、主にビジネスの場で使われていることが多い質問の、頭文字を取ったものです。

    • When(いつ)
    • Where(どこで)
    • Who(だれが)
    • Whom(誰に)
    • What(なにを)
    • Why(なぜ)
    • How(いくらで)
    • How much(どのくらい)

    例えば食品だと

    あなたが消費者の立場だとしたら、6W2Hのすべてが気になりませんか?

    例えば食品の場合、Whenというのは製造日や発売日のことです。Whereは原産地で、Whoは製造元といった会社や工場。またWhomは家庭向けで、Whatはどんな商品かですね。

    そして2Hは、Howはいくら、How muchは賞味期限や消費期限などとなります。

    このようにどんな商品でも気になる情報が6W2Hというわけです。

    このことから商品を説明するときは、お客様から聞かれる疑問をあらかじめ網羅しておくと、スムーズに商品の購入に行けるというわけですね!

    負担の軽減

    また、6W2Hを利用することは執筆者作業の負担の軽減になります。

    皆さんご存じの通り、会話は質問や要求から始まりますよね。

    ですが一方的な文章の場合、基本的に質問や要求されることがないので、相手のわからないところを考えて、文章を綴っていくというすごく大変な作業をしなければなりません。

    そんな時に、誰もが疑問を持つ6W2Hを適用することで、簡単に文章を書いていくことができるのです!

    最後に:練習を本番に

    今回は、6W2Hとはなにかを例付きで解説していきました。

    最後にもう一度、6W2Hを以下にまとめておきます。

    • When(いつ)
    • Where(どこで)
    • Who(だれが)
    • Whom(誰に)
    • What(なにを)
    • Why(なぜ)
    • How(いくらで)
    • How much(どのくらい)

    また、6W2Hを練習したいかたは文章をお金に変えられるASPで、本番を行うといいです。

    おすすめのASPサイト『A8.net 』では、無料ブログを作れて、そこで文章の練習をしながらお金を稼ぐこともできますよ!

    他にも、おすすめのASPを以下の記事でご紹介しているのでよかったらどうぞ!

    おすすめのASPサービス

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました