SDS法とは?例付きで解説!【文章力を高める】

文章構成

    こんにちは!Awaisoraの管理人です。

    文章力を高めようとした時に、よく使用されるのが、SDS法と呼ばれるものです。

    しかし、「SDS法の存在は知っているけど意味や使い方がわからない」なんて人も多いのではないでしょうか?

    そこで今回は、SDS法とはなにか例付きでわかりやすく、初心者向けに解説していこうと思います。

    僕はブログなどをしていますが、たまに伝えたいことがよくわからなくなるケースがあります。

    そういった際に、このSDS法を用いて文章を書くと、伝えたいことが書きやすくなりますよ。

    SDS法は文章構成テンプレート

    皆さんは文章を書くときに構成を考えたことはありますか?

    もし「考えたこと無いよ」という方は、文章構成をしっかり考えるだけで、伝わる文や伝えたいことを簡単に書くことができます。

    ですが、多くの初心者にとって文章構成を考えることは、難しく時間がとてもかかってしまうことだと思います。

    そんな時に、役立つ方法の1つがSDS法です。SDS法とは、『Summary(要約)』『Detail(詳細)』『Summary(まとめ)』3つの頭文字を取った文章構成のテンプレートのことをいいます。

    この方法を使うことで、文章が上手く書けない人でも、一定以上伝わる文章を書くことが出来ますよ!

    SDS法の使用例(椅子取りゲームのねらい)

    以下では、椅子取りゲームのねらいを例に、SDS法の使用例をお伝えしていきます。

    Summary(要約)

    子供たちに椅子取りゲームをさせるねらいは、主に『ルールを守りながら楽しむことを知る』、『集中力を養う』、『リズム感を養う』の3点です。

    このことから椅子取りゲームは、子供たちへの教育に役に立っています。

    要約には筆者が一番伝えたいことを書こうね!

    Detail(詳細)

    昔から存在している椅子取りゲームですが、あなたは椅子取りゲームの歴史を知っていますか?

    椅子取りゲームとは、椅子と人がいればでき、椅子を奪いあう簡単なゲームのことです。

    そのためか、石の椅子があった文明初期の頃からあったと推測されており、その証拠に日本だけでなく各国の歴史に椅子取りゲームの存在が記されています。

    今日では、そのような歴史を引き継ぎ、子供の教育にも椅子取りゲームは使われています。

    実際に、子供のころ椅子取りゲームをやった思い出のあるかたも、多いですよね。

    でも、一体何のために椅子取りゲームをするのでしょう。もちろん楽しいからといった理由もあると思いますが、他にも理由がありそうですね。

    そこで今回は、ある保育園の先生に椅子取りゲームのねらいを聞いてみることにしました。

    先生初めまして 今日はよろしくお願いしますクモ!

    初めまして こちらこそ宜しくお願いします

    先生 椅子取りゲームには長い歴史がありますクモね

    そうだね

    そこで僕は思ったクモ
    長いものには裏がある つまり椅子取りゲームには裏があるクモと!

    ははは

    だから先生に聞きたいクモ。
    なんで園児たちに椅子取りゲームで遊ばせているんですか?

    うーん・・・単純に遊んで楽しいからというのもあるけど、当保育園では主に3つのねらいがあって椅子取りゲームで遊ばせているね

    3つのねらいクモ?

    うん、1つは『園児たちにルールを守りながら楽しむということを知ってもらう』こと
    2つは『集中力を養う』こと
    3つ目は集中力と似ているけど『リズム感を養ってもらうこと』です。

    いづれも、大人になったときに社会に出れば役に立つことだからね

    なるほどクモ

    今日はお忙しいなかお時間いただきありがとうございましたクモ

    こちらこそ椅子取りゲームのことをもう一度考える機会になりました

    今日はありがとうございました

    このように3つのねらいがあることがわかりました。他にも、部屋の中で出来ることから、雨の日などにできるというメリットがあります。

    Summary(まとめ)

    椅子取りゲームの歴史は長く、その背景には子供たちへの教育をする上で役に立つポイントが3つありました。

    1つめは、ルールを守りながら楽しむことを知ること。2つは、集中力を養うこと。3つめは、リズム感を養うことです。

    また、室内で出来るので雨の日でも遊ぶことができるというメリットがありますね!

    まとめではポイントをまとめよう!

    以上がSDS法の使用例です。

    終わりに:文章構成ツールを使う

    今回は、SDS法とはなにかを例付きで解説していきました。

    簡単にまとめると、SDS法は、Summary(要約)Detail(詳細)Summary(まとめ)で文章を書いていく、文章構成テンプレートのことです。

    ネットの情報だけでは、文章に自信がないという方は文章作成アドバイスツールの『文賢』を利用すると、自分が書いた文章の評価が貰えますよ!

    あなたの文章をもっと読みやすく。文章作成アドバイスツール【文賢】

    最後までご覧頂きありがとうございました!

    ツイッターのフォローはこちらから出来ます!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました